2007年04月04日

京四郎と永遠の空 第7話

今回は空さんが自分が絶対天使であることを受けて、どうすればいいか悩んでいる姿が描かれていました。
今まで普通に生活してきたのだと思いますが、ある日突然、人間でないと分かった時の気持ちとはどんなものなのでしょうか。うまく想像できないですが、すごい衝撃なんだと思います。
しかし、番組の冒頭はいきなりせつなさんと買い物をしている場面からはじまりました。楽しそうに買い物をしている空さんの姿を見ていると、逆に心苦しく感じてしまいます。彼女が思っている京四郎さんに何とか彼女を助けてもらいたいですが、その本人は中央統合生徒会の方と彼女をうまく利用することを話し合っている始末・・・・。彼女をせつなさんと融合させようということのようです。
でも、その話し合いの場での京四郎さんの表情からは、彼がそんなことを望んでいるようには思えませんでした。彼は、本当はどうしたいと思い、これからどう行動していくのかに注目していきたいです。
それともう1つ気になるのがせつなさんです。京四郎さんは、彼女のことをどう考えているのでしょうか。彼女は、京四郎さんの命令に非常に忠実に従っているようですが、彼女も京四郎さんに特別な感情を抱いていることは間違いありません。今後、空さんとせつなさんの関係も気になるところです。
そして、今回の話の中でどんどん悪い方向に考えてしまう空さんの姿は本当に見ていて切なかったです。絶対天使としてもなにもできないということが、さらに彼女を追い込んでいくことになります。彼女は、京四郎さんにすべてを捧げるという結果に至ったようですが、最後に彼女を強く抱きしめているところを見ると、京四郎さんも自分の目的と現実の状況とのギャップに苦しんでいるのでしょう。
どんどん状況が複雑になってきていますが、いったいどんな結末を迎えるのでしょうか。


posted by 向日葵 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。