2007年04月14日

ゲキレンジャー 修行その8

今回のお話では、彼らの戦いを通して、物事には待つということが大切であるということがわかったような気がしました。
あのマガの術を破るために、ゲキバズーカという新アイテムが登場したのですが、これは発射するのに、少々時間がかかってしまうようなのです。そこで、ジャンさんが敵をひきつけて、その間にランさんとレツさんが力をこめることになりました。
ところが、ひきつけ役のジャンさんは敵の攻撃に耐えかねて、攻撃に転じてしまい作戦は失敗してしまうのです。
このはじめの作戦は、ジャンさんの失敗ばかりがクローズアップされているのが気になりました。でも、あんなにボコボコに敵にやられていたら、ジャンさんでなくても耐えるのは難しいのではないかと思います。ジャンさんに責任がないとはいいませんが、本当に強かった場合には彼のとった行動は正しいものであるとも思えます。
それに、ランさんとレツさんもエネルギーをコントロールできなかったわけで、ジャンさんが耐えていても、作戦は失敗していたはずです。だから、ジャンさんばかりを責めてはいけないと思います。みんな悪いのです。
しかし、彼らが修行に使ったのは、豚の角煮とピアノとは面白い発想であると思います。特に、ジャンさんですが食べ物を通して気づくなんて、彼らしくていいです。
でも、今回のシリーズでは、このようなとこが意外といいと思うのです。マスター・シャーフーがいつもいっているように「暮らしの中に修行あり」という言葉は確かにその通りであると感じています。それが、子供向けとしては、単純明快でよい考えではないかと思っているのです。
そして、みんなの訓練もあってマガとソリサを倒すことができました。そして、五毒拳もあと残り1人になってしまいました。ですが、さすがに最後の1人だけあってブラコというやつは、けっこう厄介な敵であるような感じがします。次の話は、注目するべきであると思います。楽しみにしています。


posted by 向日葵 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この青空に約束を 第1話

この春にはじまった新作の番組の1つです。
第1話を見た段階では、それなりに良い作品ではないかと思っています。
あらすじは、大企業の工場が撤退したことで、人口が少なくなり衰退していく島での主人公たちの生活を描いた物語となっています。
主人公は、その島の「つぐみ寮」という寮に物語のヒロインたちといっしょに暮らしています。でも、どうやら彼女たちも過疎化の影響で、島を離れることが決まっているようなのです。
やっぱり住み慣れたところだから、そこを離れないといけないというのは、本当にかわいそうです。現実世界でも、生徒数が少なくなった学校は統合されたりして、遠い学校へ通っている生徒も多いと思います。
私は、子供のことを考えると地元が一番だと思うのですが、大人の都合でそうはいかないのでしょう。残された少ない時間を、彼女たちにも精一杯、楽しんでもらいたいものです。製作者のみなさんが、どんな思い出を彼女たちに残してあげるのか楽しみにしています。

話は変わって本編についてですが、最初のあのシーンには驚きました。いきなり、下着姿の沢城凛奈さんと主人公の星野航さんの同じ布団で寝ているシーンなのですから・・・・。でも、いったいなんであのようなことになってしまったのか今回のお話ではよくわかりませんでした。いずれ理由はわかると思いますが、非常に気になるところです。
そんな形で登場した凛奈さんですが、彼女はつぐみ寮に住むことになったようなのです。そこで、つぐみ寮の寮生たちで、凛奈さんの歓迎会を開こうとしていましたが、彼女は嫌がって参加してくれません。そんな凛奈さんに、羽山海己さんが一緒にやりたいと涙を流して訴えたのです。泣くほどではないと思うのですが、彼女は今時めずらしく、本当に純粋な子なのでしょう。
航さんは、そんな彼女たちのやりとりを見ていて、凛奈さんを挑発するようなことを言っていましたが、喧嘩はよくないです。なんとか、なかよくやってもらいたいと思います。
これから、どのようにストーリーが展開されていくのか、まだまだかりませんが、次のお話も楽しみにしています。
posted by 向日葵 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。