2007年04月21日

仮面ライダー電王 第12話

今回のお話は、前回の続きのカスミさんをめぐる話でした。
イマジンと契約を交わし、カスミさんを襲わせているのは彼女の父・謙作さんなのだろうか。良太郎さんとハナさんは、真実を確かめるために謙作さんのところを訪れるのですが、結局、話をしてはもらえませんでした。普通、そんなプライベートなことをいきなり聞いても、誰も話してはくれないと思います。
パリコレへ向かう当日に、イマジンに襲われたカスミさんたち。しかし、そこでキンタロスさんが意外な行動に出ました。なんと、父親の真意を確かめるために、車を海へ投げ飛ばしたのです。
しかし、そこへやって来た謙作さんの口から、やっと本当の思いが語られました。本当は、カスミさんの夢を叶えるために、わざと彼女を突き離したようだったのです。やっぱり、謙作さんは、カスミさんのことを本当に大切に思っていたようでよかったと思います。
良太郎さんたちも、デンライナーで過去へと向かうのですが、そこで良太郎さんに乗りうつったキンタロスさんは暴れるイマジンを素通りしてしまうのです。そして、謙作さんと喧嘩別れしようとするカスミさんに、謙作さんの本当の思いを伝えようとしたのです。
その後、すぐにイマジンを倒したキンタロスさんですが、これは明らかに時の流れを変ええしまうことでありルール違反です。結果的には、オーナーのサービスで厳罰は逃れたようですが、これでは物語の趣旨が違ってきてしまうのではないでしょうか。
私は、やはりキンタロスはあそこでデンライナーを降りるべきであったと考えます。そうでないと、その人にとってよい結果となるものなら、過去を変えることも良いという解釈が成り立つことになってしまうからです。もちろん、今回だけであると思いますが、今後はこのようなことを決して許してはいけません。
私は、子供向けとして今回のシリーズは、「過去は変えることはできない。だから、あとで後悔しないように今、最良の判断をするようにしてもらいたい」ということを伝えたいと解釈しています。だから、物語の中で、間違った解釈をする可能性があることはやってはいけないと思います。
今回はけっこうストレートな話が多くて、わかりやすい作品でけっこうよくできていると思っています。変なことをしなければいい作品になると思うので、気をつけてほしいものです。


posted by 向日葵 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京四郎と永遠の空 第9話

今回のお話は、前回のお話の終わりでカズヤ兄さんが登場したこともあり、物語が大きく動き出したという感じがしました。
前回の話からいきなり登場したカズヤ兄さんですが、いきなり京四郎さんをふっ飛ばし、空さんに「いっしょに行こう!」と手をさし伸ばします。
そんなカズヤ兄さんを見た、せつなさんはそれを阻止しようとするのですが、結局はカズヤ兄さんを止めることはできませんでした。せつなさんは、本当に京四郎さんのことを大切に思っていることが伝わってくる場面でした。
なぜなら、空さんはせつなさんから見たら、京四郎さんを奪われた憎むべき相手であるはずではないでしょうか?しかし、せつなさんは京四郎さんが選んだ相手であることを考えて、そんな彼女を取り返すという行動にでたのです。自分を選んでくれなかったとしても、それでも好いている人のために行動できるとは、本当にせつなさんを見ていると切なくなってしまいます。
そして、今回の話では空さんは4人の絶対天使のうちの1人が、2つに分かれたものであったことがわかりました。空さんは、ワルテイシアさんの力で元の姿に戻れるようになった空さんは、京四郎さんとの記憶をすべて忘れてしまい、あっさりとカズヤ兄さんのもとへいくことを決意します。
そんな空さんを見て、ぼろぼろになりながらも抵抗しようとする京四郎さんの姿は今までになく、惨めな姿であったと思います。おそらくは、あれが彼本来の姿に近いのでしょうが、あそこまでいままでのイメージとギャップがあると、彼も相当に無理をしていたのかもしれません。彼は、カズヤ兄さんを心から尊敬していたようなので、彼に近づきたいと思っていたのでしょう。しかし、所詮カズヤ兄さんにはなれないのだから、もっとはじめから自分をさらけ出していたほうが、魅力的であったように思います。
そして、カズヤ兄さんは次にミカさんのところへ向かいます。かおんさんを奪われまいと必死に抵抗するミカさんですが、結局は奪われてしまうことになります。
そんな中で、かおんさんとひみこさんが夢の世界のようなところで、言葉を交わす場面があったのですが、この場面は非常によかったと思います。しばらくの間、離れていた彼女たちですが、言葉は決して多くはなかったけど、その一言一言から相手への強い思いが伝わってきました。
しかし、夢から覚めたひみこさんの前には、倒れたミカさんの姿があったのです。ミカさんは、かおんさんを本当に大切に思っていたということがわかり、彼女を救ってくれるようにひみこさんにその思いを託すのです。ミカさんも、これまた今までのイメージとは大きく違う人になっていたように感じます。彼女の過去の回想の場面が何を伝えようとしているのかは、よくわかりませんでしたが、なんとかくかおんさんに似ていたので、彼女が恋をした人はかおんさんだったということでしょう。
今後の展開についてですが、すべてを失ってしまった京四郎さんはいったいどうのような行動にでるのかが一番の注目であると思います。やっぱり、男としては彼は空さんやせつなさんを助けに行くのではないかと思います。そして、彼が本当の王子様になってもらいたいです。カズヤ兄さんの本当の目的もまだわからないですが、京四郎さんにはなんとか意地を見せてもらいたいと思います。
いよいよ、クライマックスに向けて話が進んでいます。来週も楽しみなところです。
posted by 向日葵 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。