2007年05月02日

ゲキレンジャー 修行その11

今回のお話は、前回のお話でまったく歯が立たなかった獣人ムザンコセをランさんが習得したゲキハンマーで倒すというものでした。しかも、そのおかげでゲキトージャーもゲキエレファントージャーにパワーアップしたのです。
私は、エレハンがモットーとしている「遊びの中に修行あり」という考えはけっこう良いものではないかと思います。また、困難なときこそ笑顔で心に余裕を持って行動することも現実の世界で非常に重要なことです。
今回の話だとエレハンは、魚釣りを利用してランさんに修行をつけていましたが、険しい顔をしてつりを行っているランさん。あれでは、心に余裕が無さすぎで、冷静な判断をすることはできないかもしれません。そんな状況のなかでも、いつものリズムを忘れないエレハンはさすが拳聖といわれるだけはあります。
でも、物語の中でランさんはちょっとニタニタしすぎであったようにも感じました。勘違いしてはいけないのが、ちゃんとメリハリとつけるということです。一応、敵も真剣勝負で挑んできているので、そんな戦いの最中に笑顔でいるというのはちょっと相手をばかにしているようにも見えます。誤解を招かないようにするためにも、そのへんは気をつけないといけないと思います。
もう1つ、なぜランさんがゲキハンマーの適任者であったのか明確な理由がほしかったです。あの物語では、エレハンがただ単に女好きだから、ランさんを選んだように見えてしまいます。そんな適当な理由はよくありません。それに、セクハラと思われる行為も相変わらずでした。先週も書いたと思いますが、子供向けの作品なんだから、あのような演出は控えたほうがいいです。
それにしても、ゲキトージャーがいきなりパワーアップしたのには驚きました。きっとこれからも、いろいろな拳聖が出てきてゲキトージャーもどんどんパワーアップしていくに違いありません。
今回のお話の最後には、理央さんが拳魔の封印を解いていました。新しい強敵の登場です。また、来週の話が楽しみになってきました。


posted by 向日葵 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。