2007年05月15日

ひとひら 第6話

今回のお話は、前回ケンカをしてしまった野乃さんと麦さんですが、それぞれが基本に立ち返り再び公演に向けての練習を再開するという話でした。
こじれにこじれた演劇研究会でしたが、一晩たってもあまり状況には変化なし。理咲さんなんか、野乃さんにサラダなんかをぶつけて、練習をボイコットしてしまう始末です。
そんな中、一人で練習を行う野乃さん。そこへ鏡に映った榊先輩の言葉によって、彼女は初心に振り返り自分が本当に麦さんに伝えたかったことを思い出すのです。前回の行動はやはりやりすぎであったと思いますが、野乃さんも自分の思いをうまく伝えられなくて苦労しているのだと思うとちょっと彼女のことを勘違いしてしまったようです。野乃さん、すみません。
麦さんの方は、ひとり浜辺で寝そべりながら今までのことを考え中。別に好きではなくてはじめた演劇なので、あそこでやめてしまってもよかったと思います。でも、麦さんは自分を変えたいという思いやそれに応えようとする野乃さんの気持ちに彼女は気づきました。
そして、麦さんは野乃さんのもとへ行き、その他の演劇研究会の面々もそろって、ようやく練習再開。
でも、この判断を下した麦さんは、本当に成長していると感じることができました。ちょっと前の彼女なら、そのまま幽霊部員にでもなってあきらめていたのではないでしょうか。しかし、今の彼女は違います。例えどんなに嫌でも、相手の信頼に応えようと努力できるようになったのはすごい成長だと思います。
でも、この合宿では練習はいまいちだったかもしれないけど、それぞれが自分を見直すことで、お互いの絆をより深くできたのではないでしょうか。だから結果としては、この合宿は成功ということでいいと思います。
もう夏休みということは、本番まであとわずかな時間しか残されていません。でも、1クールだろうから、まだ6話ぐらいは残っているように思います。だから、本番の前に最大の山場がありそうな予感がします。これからも楽しみにしています。


posted by 向日葵 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。