2007年06月13日

ながされて藍蘭島 第10話

今回のお話は、雨の日の島民の過ごし方に関するお話でした。
何か全体的に少し抑えられた感じのお話だったと思います。
でも、この島では雨の日はみんな仕事を休むようで、家の中での話しになってしまうのでこのような感じのものになったのかもしれません。でも、やっぱり農業が中心なので、私たちでいう日曜日とかはないのでしょう。だから、こういう雨の日はしっかりと休んだほうがいいと思います。
みんなそれぞれに休日を楽しんでいるようで、なかなかと面白かったです。特に、ちかげさんの行動が一番面白かったと思います。彼女は、天気予報ができる機械を発明しようとしていたようで、いくつかすでに作ってみたものは的中率2割とまったくの失敗作だったらしい。それつながりで、カエルの観察をしようと思い立つわけですが、なぜスクール水着になっての行動。確かに水の中で行動する時にきるのだけど、あれはおかしいです。。でも、そのもの自体を知らないわけだから仕方がないですけど。
その後で、彼女は川に流されていましたが、いったい何があったのでしょうか。けっこう気になるような気がします。
すすさんは、自宅で行人さんと過ごしているわけですが、彼女にしては少し元気がない様子。どうやら、雨の日はお母さんと過ごしていた思い出があるようで、いろいろと考えてしまうようなのです。きっととてもいいお母さんだったのでしょう。
そんなすずさんを気遣ってか、島中のみんながいろいろなものを持って、集まってきてくれました。偶然とか適当な理由をつけていましたが、みんなとてもいい人たちばかりだと思います。
最後のほうは、いつものギャグの良さがでていましたし、こういう落ち着いた感じのお話もいい。今までとは違った良さが出ている回だったと思います。


posted by 向日葵 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

瀬戸の花嫁 第10話

今回は、留奈さんのお父さんが登場するというお話でした。
冒頭からおかしな感じて、先週録画に失敗したのでその影響からか、また失敗したかと思ってしまったぐらいです。
本編はというと朝起きると永澄さんの黒い身長2メートルの大男を目撃。しかも、そいつはショットガンのようなものまで持っているのです。彼は、この事実をみんなに話すのですが、だれも信じてはくれません。でも、普通の人ならそんなことをいきなり言われても、信じないのが当たり前でしょう。
しかも、その大男は学校にも出現。でも、やっぱり燦さんを含めてそのことをだれも信じてはくれません。でも、当然と言えば当然です。
そして、ついにその大男に追い回される展開になります。途中で遭遇した海さんと一緒に逃げる回る永澄さん。気が動転した海さんは、どこからか取り出した護身用のミサイルランチャーのようなものを黒の大男に向けて発射。見事に命中したのですが、彼はまったくの無傷。さらに次には、衛星から発射されたレーザーを使ってもやはりダメージを与えることはできません。もうすでに、この段階にでものすごい展開になってきて、笑いが止まりませんでした。
その後、トイレに逃げ込んだ2人。逃げ切れたかと思えば、後ろの壁を破ってやつが現れます。やっぱり、そんな簡単には逃げ切れるものではないです。
そんなへ、いよいよ豪三郎さんが登場。一度トイレにたたきつけられて、もうダメかと思いましたが、さすがに彼はまだまだぴんぴんしていました。そこから、先の2人の戦いはもうすでに化け物同士の戦いとなっており、彼らよりも回りのことが心配なるような感じ。結局、2人の決着は付かないで戦闘は終了。
どうやら、この黒の大男は留奈さんのお父さんだったようです。娘を心配してのことであったようですが、もう少しやり方を考えてほうがいいと思います。でも、燦さんがもっと早くに思い出してくれればこんな大騒ぎにならなかったかもしれません。
どうでもいいことかも知れませんが、留奈さんのお父さんはあれで永澄さんのことがわかったのでしょうか。何かただ暴れに来ただけのような感じがするのですが。
posted by 向日葵 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとひら 第10話

今回のお話は、佳代さんが留学するということが明らかになるというお話でした。
どうやら文化祭が終わって演劇研究会が解散してから、麦さんや甲斐さんは完全に演劇から離れてしまったようです。もっと続けてもいいと思いますが、もともと強制的に入部させられたようなとこもありますし、そんな気にはならなかったのかもしれません。
そんな中、ちとせさんが旧演劇研究会のメンバーなども誘って、クリスマスパーティをやろうと言い出します。彼女がそれを行う目的は、桂木先輩への告白。思ったことをちゃんと行動に移そうとする彼女の姿は本当にすばらしいと思います。
先輩たちは、受験勉強などで忙しいようですが、みんなちゃんと集まってくれました。場所は、何と演劇部の部室。榊さんは、かなり怒っていたようですが、やっぱり高校生ですからクリスマスという一大イベントのほうが優先になってしまうのでしょう。
パーティで、佳代さんの写真について話がされていましたが、彼女の写真はすばらしいという麦さん。しかし、この時の佳代さんの口からは何やら意味深な言葉が・・・・。
彼女たちは、場所を変えて外で雪合戦することに。楽しそうに遊ぶみんなですが、ちとせさんの桂木先輩への告白はいったいどうなったのでしょうか。ところが、ここで佳代さんが写真の勉強のために留学するということを告白。みんなとても驚いている様子でした。
そして、年が明けても麦さんはその現実を受けとめられない様子。そんな彼女を心配してか佳代さんの指示で、甲斐さんとちとせさんとで初詣に出かけます。やっぱり、麦さんは元気がありません。本当に昔に戻ってしまったかのようです。
初詣の帰り道で、麦さんは野乃さんと遭遇して、今回の件について相談にのってもらっています。でも、野乃さんからは少し厳しい言葉がかえってきただけでした。彼女の言っていることは、まちがいではないと思いますが、麦さんにはうまく伝わっていないような感じが少しもったいない。
麦さんだって、佳代さんに心配をかけるのは嫌なのではないかと思います。だったら、なんとか笑顔で見送ってあげてもらいたい。麦さんは、これを乗り越えればさらに大きくなれるに違いありません。次の彼女の行動に注目したいです。
posted by 向日葵 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

Yes!プリキュア5 第18話

今回のお話は、増子さんがかれんさんの私生活を探ろうとするお話でした。
増子さんは、生徒たちが興味を持っていることから、かれんさんの私生活についての記事を書くために、彼女に取材の申し込みをします。隠し撮りとか突撃取材とかをしないで、ちゃんと許可を取ってからというのはなかなか良いことだと思います。彼女、記者としての心得はちゃんとしているようです。
それにしても、気になるのは新聞部が増子さん一人であるということです。今回の話の彼女を見ていると、彼女自身が一人で活動していることを望んでいるようには思えないような気がしました。ひょっとするとこの先、この話題に関するお話がでてくるかもしれません。その時までのお楽しみとして心の中にとどめておきたいと思います。
今回の話の中心であるかれんさんの生活についてですが、彼女はのぞみさんたちとかかわるようになってかなり変化が起こっているようです。執事さんも、その変化には大変喜んでいる様子で本当によかったと思います。
やっぱり彼女に変化が起こったのは、いい意味でのぞみさんがとんでもない子だったからだと思います。あそこまでの子はそんなにいるものではないだろうし、彼女を特別な眼で見ないで、ごく自然に接してくれることが大きいのではないでしょうか。でも、今回の話のようにいきなり自宅に乗り込むのはやめましょう。
どうでもいい話かもしれませんが、執事さんはかれんさんのことを少々しゃべりすぎです。あとでかれんさんから何か言われたりしなかったのでしょうか。
そして、今回登場した敵はアラクネア。今回のコワイナーは、すごくすばやくてプリキュアたちもちょっと苦戦。でも、かれんさんの活躍のおかげで何とか撃退することに成功しました。
増子さんは、今回はプリキュアの戦闘を写真におさめることに成功したようですが、おたかさんの「ちゃんと許可を取ったの?」という一言であえなく記事にすることは断念することに・・・・。このまま、この写真はお蔵入りとなってしまうのでしょうか。それは、少し残念な気もします。
のぞみさんたちももっと気をつけたほうがいいと思います。このままだと、正体がバレるのも時間の問題のような気がしてなりません。
posted by 向日葵 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

sola 第9話

今回のお話は、辻堂さんと繭子さんの過去の関係が明らかになるというお話でした
冒頭から、いきなり蒼乃さんと茉莉さんとの争い。蒼乃さんは、紙を武器として使いながら、もう鉄骨とかを真っ二つにしていてすごいことになっている感じです。
結局、茉莉さんにはとどめをささなかった蒼乃さん。まだ、この2人の関係についてはよくわからないところがあると思いますが、もう少し穏やかにことを運ぶことはできないのでしょうか。同じ夜禍なわけですし・・・・。
依人さんは、相変わらず調子が悪そう感じです。やっぱり、蒼乃さんと茉莉さんの件については、彼がキーパーソンなんだと思いますが、まだその点もよくわかりません。きっと、次回以降に明らかになってくることでしょう。
依人さんが探して、真名さんの家を訪ねる蒼乃さん。でも、真名さんに完全に警戒されてしまっている感じで依人さんには会わせてはもらえそうにありません。この場面では、雨も降っていているせいか、とても蒼乃さんのことを恐ろしく感じてしまいました。もう、あそこで暴れだすのではないかと思ったぐらいです。
茉莉さん方はというと、再び繭子さんと行動を開始。おにぎり味のセンスは、ともかく繭子さんなかなか優しい子です。
しかし、電車にのった繭子さんが電車に乗ったところで、茉莉さんが辻堂さんと遭遇。彼女に襲い掛かる辻堂さん。茉莉さんは、まだ蒼乃さんとの戦闘のダメージが残っているのかかなり押されぎみです。なんか、茉莉さんばかりみんなから攻撃されている感じて、彼女がとてもかわいそうではないでしょうか。
そんな中、辻堂さんと繭子さんの過去の関係が明らかになります。どうやら、繭子さんはもとは人間で、強盗に殺されたのが原因で夜禍になってしまったらしいです。どのような経緯で夜禍になったのか少し気になるとこですが、辻堂さんは彼女を人間に戻すと決意したようです。彼によると、茉莉さんの命がそれを実現するために必要らしいみたいで、それが彼が茉莉さんを襲う理由だということがわかりました。
茉莉さんを追い詰め、もう少しでその命を奪えるというとこで繭子さんが彼を静止することに成功。彼女は、そんなことは望んでいるわけではなく、ただ一緒にいたいだけという思いを彼に伝えます。本当にいい話で、感動してしまいました。繭子さんが、夜禍である事実を考えると少し切なくなりますが、今後も末永くなかよくしていけることを願っています。
posted by 向日葵 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

仮面ライダー電王 第19話

今回の話は、前回の最後に登場した桜井侑斗さんについて、良太郎さんがいろいろと探りを入れようとするお話でした。
侑斗さんは、「過去にいる桜井侑斗とは関わるな。でないと時の運行が乱れる」といっていましたが、これはいったいどういうことなのでしょうか。それに、良太郎さんによると彼は良太郎さんが知っている侑斗さんとはあまり似ていない模様。彼は、本当に侑斗さん本人であるのでしょうか。そこらへんも、まだわからない点が多いです。まだまだ、謎が解けるまでの道のりは長そうな感じがします。
でも、今回の良太郎さんは今までになくよかったと思います。いつも逃げ腰の良太郎さんですが、今回の彼はめすらしく自分から侑斗さんに真相を知りたいと自分から駆け寄っていきました。大切なお姉さんである愛里さんのためだからでしょうが、いつもと違う良太郎さんが見られてよかったと思います。
今回登場したのは、ジェリーイマジン。こいつは、またかなり無理やりなやり方で願いをかなえようとしてしまいた。あんな砂場に埋めたタイムカプセルを掘り出せといわれても困るのが当然です。でも、モモタロスさんが憑依したソードフォームは大苦戦。ソードでは、リーチが短いためなかなか敵に近づくことができないから、敵を攻撃することができないからです。良太郎さんの機転を利かせた誘導で追い詰めましたが、結局は逃げられてしまいました。
最後には、侑斗さんがまた登場し、過去へ飛んだイマジンは自分が倒すと宣宣し、ゼロライナーに乗って去っていきます。
何かまだわからないことだらけですが、物語としてはなかなか面白くなってきたと思います。これからの展開に期待します。
posted by 向日葵 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲキレンジャー 修行その16

今回のお話は、前回の終わりに登場した海の拳魔・ラゲクがメレさんを使って、理央さんと彼女の実力を試すというようなお話でした。
ラゲクは、嫉妬こそがよりその人を強くすることができると考える拳魔。女性のくせにかなり趣味の悪い感じがします。
今回、ラゲクはその嫉妬心をメレが自分よりも強いということを示すことで、理央さんに抱かせようと考ました。そして、それを実行するために理央さんに毒を打ち込こみ、メレにシャーフーを倒すように命じます。
シャーフーに向かっていくメレさんは、本当に命がけで戦っている感じでちょっと感動してしまいました。本当に、なぜあそこまでできるんだと思ってしまいます。結局は、自力で毒から開放された理央さんのおかげで、命を落とすことはなかったわけですが助かって本当によかったです。
それと今回の話では、臨獣拳ができた経緯が明らかになりました。かつて、獣拳を極めた10人のうち、邪の心をもつ3人が分かれてできた流派のようです。いつの時代にも、対立する意見が対立することはあると思いますが、せっかくすごい力を手に入れたのに変な方向にいってしまってはもったいないことだと思います。
ラゲクの本格的な修行が次からはじまりそうです。今度は、メレさんも修行をつけてもらいようで、彼女に少し注目していきたいと思います。
posted by 向日葵 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

この青空に約束を 第9話

今回のお話は、沙衣里さんについてのお話でした。
冒頭に言われていましたが、つぐみ寮の住民は現在6人で、寮生が5人以下になると自動的に閉鎖になることになっているらしいです。いったいだれがこのような契約を交わしたのでしょうか。
最近、つぐみ寮の周りをうろついている人物がいるらしいのです。まだ、確かなことは分かりませんが、航さんたちつぐみ寮の面々はつぐみ寮をはやく取り壊したいと思っている学園の校長の仕業だと考えたのでした。
しかしそのうろついている怪しい人物に遭遇したにもかかわらず、ちゃっかりお菓子なんかをもらっている沙衣里さん。優しいといえば聞こえがいいかもしれませんが、面識のない人がお菓子なんかくれたら少しは疑ったほうがいいでしょう。でも、私的にはそんな少し抜けているようなところがいい性格だと思うのですが。
そんな沙衣里さんと航さんは、最後までこのつぐみ寮に残るメンバーとして、校長がいったい何をたくらんでいるのかさぐりを入れます。沙衣里さんの教師としての立場を利用し、校長室に侵入し、校長の電話を盗み聞きして情報の入手に成功。沙衣里さんの今回はじめての大活躍であったように思います。そして、その情報に基づいて飛行場に言った航さんたちは、校長とその相手の坂田という人物の後をつけ、料亭の前で彼らを見張ることにします。張っている彼らは、サングラスなんかつけて明らかに不審者の格好です。バレたらいけないのでしょうが、もう少し考えたほうがいいと思います。
結局、校長たちにバレないですんだと思いましたが、航さんが生徒手帳を落としてしまったようで、後日呼び出されて、校長たちに退学を迫られかなりやばい状況になっています。
でも、あの場にいたことでいきなり退学とはかなりきつい処分であるようにも思います。あの場所は、そんな変な店とかがある地域であったのでしょうか。
次は、沙衣里さんが大活躍しそうな予感がします。では、また来週。
posted by 向日葵 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ひとひら 第9話

今回のお話は、文化祭の演劇が終了し演劇研究会が存続できるかどうかというお話でした。
前回のお話の最後に、ようやく本領が発揮できた麦さん。それまでの演技とは明らかに違うその演技に観客のみんなも本当にびっくりしている感じでした。その演技を見て、ちとせさんも大喜びで声援を送っていました。
麦さんが涙を流す場面を演じているところがありましたが、なにか本当に自然に涙が出てきているような感じがして本当にすばらしい演技であったと思います。観客の大きな拍手がそれを証明しています。
そして、舞台はいよいよ運命の投票へ。結果は、演劇研究会の負けという厳しいものとなってしまいました。この結果、演劇研究会の解散が決定。せっかくみんなでがんばったのに本当に残念でなりません。
その後、最後のミーティングを部室で行う麦さんたち。一番最初に話を切り出したのは、桂木さんでしたが、ここで彼が演劇研究会ができる原因を作ったということが明らかになりました。彼は、ふさぎ込んでいる野乃さんを勇気付けるために、冗談のつもりで新しい部を作ることを提案したようで、それが2日後に現実になってしまったというのが演劇研究会誕生の理由らしいです。
また、理咲さんが演劇研究会に入った理由も明らかになりましたが、こちらは野乃さんと似たようなものであったようです。やっぱり、昔から2人はなかよしであったということなのでしょうか。
麦さんはというと、もっと早くからまじめに取り組んでいれば、違った結果になったのではないかと非常に後悔している様子。でも、私は麦さん本当にがんばったと思います。
はじめはちょっと野乃さんに強制的に入部させられような感じでしたが、さまざまな体験を経て、ここまで真剣に取り組むことができたというのはすばらしいことだと思います。結果が一番大切だとは思いますが、麦さんにとっては非常に大きなものを得ることができた半年だったのではないかと思います。
でも、野乃さんは結果によらず研究会は解散させるつもりであったらしいです。残念ですが、彼らが3年であることを考えると当然なのかも知れません。野乃さんによって解散が宣言された時は、本当に切なくなってしまいました。
本当に最終回でもいいぐらい良い内容であったと思います。いったい来週からはどのような話なのでしょうか。また、楽しみにしています。
posted by 向日葵 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

Yes!プリキュア5 第17話

今回のお話は、りんさんが恋に落ちてしまうというお話でした。
何やら冒頭から、いつもとかなり様子が違うりんさん。おしゃれにはあまり関心がないようにも思う彼女ですが、なんかきれいなアクセサリーをこしらえて、しかも鏡の前で一人ごとをいっている。あの調子ではのぞみさんたちじゃなくても、心配になってしまいます。
りんさんの忘れたかばんを届けるために、りんさんの後をつけるのぞみさんたち。するとそこには、非常に感じのいい男性がいるではありませんか。これが、彼女がおかしくなった原因であったようです。
そして、その彼に花を届けることになったりんさんですが、そこでわざわざ着替えたりといろいろと大変そうな感じ。ナッツさんも、りんさんとおそろいのブレスレットを用意していてくれて、なかなか親切なやつです。
彼の家の前まで行ってから、なかなか呼鈴を押せないりんさんがとてもほほえましい感じがしました。でも、窓から顔を合わせたところで、彼にはすでに彼女がいることが発覚。2つのブレスレットを渡すりんさんを見ていて今度は逆に少し切ない気持ちになりました。
今回の敵は、リストラ寸前のギリンマ。あっさりとやられるかと思えば、今回登場したコワイナーはなかなかの強敵で、のぞみさんたちもけっこう押されぎみ。でも、ココさんとナッツさんの元栓を締めるという活躍のおかげで、なんとか勝利しました。
それにしても、ココさんとナッツさんは店番をすっぽかすし、みんなのりんさんを励まそうとする計画もぜんぜんダメ。あれでは、ちょっとありがた迷惑な感じです。
りんさんには悪いですが、やっぱりりんさんはいつものしっかり者で、活発な姿のいつものりんさんの方が私は素敵であると思います。
posted by 向日葵 at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

仮面ライダー電王 第18話

今回の話は、愛里さんの過去が明らかになるというお話でした。
良太郎さんが過去の世界で見たのは、愛里さんの婚約者であった桜井侑斗さんという人物だったようです。プレゼントされた懐中時計を持っていたようで、どうやら失踪した彼に間違いなさそうな感じがします。
それにしても愛里さんにあんなにつらい過去があったとは驚きです。まだ、桜井さんが失踪した原因がはっきりしたわけではないので彼を一方的に批判するつもりはありませんが、愛里さんのショックの大きさを考えると彼のとった行動は適切ではないと思います。
愛里さんは自分で桜井さんの記憶を封印してしまっているようですが、失踪したことによって婚約はすでに解消されてしまっているのでしょうか。まだ、この件に関してはわからないことが多い。これからの話が進んでいくのを待つしかなさそうです。
それにしても、良太郎さんが疲れていたのは秘密の特訓をしていたからでした。これはちょっと腰が抜けました。気持ちはわかりますが、まったくやっかいなことをしてくれる人です。
それと前回登場し過去へ行ったウルフイマジンですが、何か少し間抜けな感じがしました。せっかく過去へいったのに何をやったらいいかわからなくて、やけになって大暴れ。倒され方もすぐ倒すのではなくて、ロッドフォーム、アックスフォーム、ソードフォームとそれに少しずついたぶられる感じで、今までの中でも最も屈辱的な倒され方であったと思います。
そして、最後には桜井侑斗と名乗る人物が登場し、いよいよ話が動き始めた感じです。これからの展開が楽しみです。
忘れていたので最後に書きますが、イギリスから一時帰国していた由香さんはもう一度やり直すことに決めたようです。彼女の相談にのったのは愛里さんでしたが、彼女は少し天然なとこもありますが本当にすばらしい人だと思い直しました。こんな人を置いて失踪した原因がますます気になるところです。
posted by 向日葵 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

ゲキレンジャー 修行その15

今回のお話は、敵の技で小さくなってしまったジャンさんとレツさんをランさんがお世話するというお話でした。
冒頭から、部屋を散らかしているジャンさんとレツさんがランさんに叱られていました。ジャンさんはともかく、レツさんまで部屋を散らかしてしまっているとはちょっと以外です。
今回、あらわれたのは前回生き残ったツール。レツさんの発言を聞いていると、やはり倒したものと思って忘れられていたようです。ですが、相棒のラスカを倒された憎しみでツールはかなりパワーアップしている模様。そんなツールによって、ジャンさんとレツさんは子供と赤ん坊にされてしまい、それをランさんが面倒をみることになったのです。
彼女が、子供の世話をしているところが不慣れな感じがして、ちょっとなかなか面白かったと思います。
そんな中、ジャンさんが巣から落ちた雛を戻してあげると、ちょうどそこに再びツールが現れます。ランさん1人であったため、最初こそ善戦したツールでしたが、ランさんを助けようと子供の格好のジャンさんが変身したちびゲキレッドの一撃を受け、さらにランさんの必殺技が炸裂して、結局は敗北。巨大化しますが、前回登場したゲキバットージャーの前に撃破されてしまいました。
それにしても、小さくなってしまったジャンさんやレツさんはいったい自分のことをどのように考えていたのか少し気になります。どうでもいいことかもしれませんが、最初ジャンさんは森に住んでいたはずです。いったいだれの子なのでしょうか。ひょっとすると、これから明らかになるかもしれません。ちょっと注目しておいてもいいように思います。
最後には、また新たな敵である海の拳魔・臨獣ジェリー拳のラゲクが登場しました。また、来週を楽しみにしています。
posted by 向日葵 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。