2007年06月15日

sola 第10話

今回のお話は、依人さんの正体が明らかになるというお話でした。
それにしても、依人さんの正体は蒼乃さんが作ったものであったという事実には本当びっくりしまいた。何となく、ただの人間ではないような気はしていたのですが、それがまさか紙で作られた幻影とはけっこう予想外です。
茉莉さんが剣を依人さんにさしたことで、この事実が明らかになったわけですが、この茉莉さんのやり方にもけっこう驚きました。そのあと、依人さんの手がひらひらと紙になり、その事実を知らなかった彼自身も相当なショックを受けている様子でした。依人さんの気持ちを考えると心が痛みます。
それと相変わらずですが、こよりさんは本当に優しい子です。真名さんに止められているにもかかわらず、蒼乃さんのことが心配でわざわざたずねていくとは、小さいながら本当にしっかりした子だと思います。そんなこよりさんだからこそ、蒼乃さんも彼女に優しいのでしょう。
その後は、依人さんを含めて3人で食事をしたわけですが、その後に依人さんが蒼乃さんに真実を明らかにしてもらいたいと詰め寄る場面はなかなか緊張感があって、どきどきでした。
辻堂さんは茉莉さんや繭子さんのために変な食べ物の買出しにいかされているようで、本当にご苦労さまです。それを発見した真名さんのおかげで、依人さんと茉莉さんが再開するきっかけができたのはわけですが、真名さんもトマトしるこを探して町中走りまわっていたようで、本当にこの執念には驚きです。
今回の話の最後には、茉莉さんが何か大きな決意をしたようで、辻堂さんが持っていた剣の使い方を教えてもらっていました。いったい茉莉さんは何を考えているのでしょうか。残りはあと2話だと思いますが、どのような展開になるのか楽しみにしています。


posted by 向日葵 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。