2007年07月03日

ながされて藍蘭島 第13話

今回のお話は、みんなでトンカツの誕生パーティーを開こうとするお話でした。

トンカツの誕生祝いとして、トンカツの形をした豆腐を作ることにしたすずさん。でも、いったい何で豆腐だったのでしょうか。トンカツは、豆腐が好きということなのだろうけど、少し気になってしまいました。そのトンカツはというと、鳥さんの家に遊びに来たはいいが、誕生会のことを知っているのかなかなか家に帰してはくれません。

そんな中、女の子と2人で写った写真を見ながら物思いにふけっている行人さん。今日は彼女の誕生日だったらしい。すずさんは、そんな行人さんのことが少し気になっている様子ですが、いったい何をしたらいいのかわからないみたい。

そして、肝心の豆腐作りのほうは、すぐにぺしゃんこになってしまって、なかなかうまくいきません。あきらめかけるすずさんでしたが、行人さんの一言でもう一度がんばってみることに。でも、さすがににがりが入っていないのでは形を保つことは難しいでしょう。

あやねさんは、すずさんを罠にはめようとわさび唐辛子入りの豆大福を食べさせるようとしますが、豆腐が完成するまでは我慢するというすずさんによって、結局このときは失敗に終わりました。

しかし、またもや海を眺めながら物思いにふける行人さん。おばばさんは、ひょっとするとホームシックになのではないかという。そりゃ、こんな常識離れした人たちのいる島に住んでいれば、ホームシックにもなるかもしれません。むしろ、ならないほうがおかしいように思います。

そんな行人さんのことを知った島の住人たちは、彼を元気づけようとさまざまなことを画策します。まぁ、りんさんのお弁当だけはまともな感じがしますが、他はちょっと。
特に、ゆきのさんのあのお化粧はかなりヤバイです。でも、面白くて彼が元気になるという可能性はあるかもしれないので、的外れではないと思います。

行人さんを探していたすずさんは、ボートで沖に出ようとしている彼を発見。行人さんが、沖にでよとしたところで、ワカメを使ってそれを阻止したすずさん。でも、行人さんは、手紙を出そうとしているだけでした。そこへやってきたおなじみの島の住民の行為に驚く行人さんが相変わらず面白かったです。

ここで、あの写真の女の子の正体が明らかに。彼女は、ただの妹でした。だいたい予想はついていましたが、ホームシックというのはみんなの勘違いであったようです。

海を眺めていたのは、にがりを作ることを思いついたから。そのにがりのおかげか、ちゃんとした豆腐ができたようでよかったと思います。大喜びのトンカツでしたが、まだ2歳ということはちょっと意外でした。

みんなが寝静まった中、もう一度手紙を出そうと海へ行く行人さん。すずさんのアドバイスや彼の絶対あきらめないという精神のおかげが、何とか手紙を出すことには成功しました。かなり難しいことだとは思いますが、ちゃんと届くことを願っています。


posted by 向日葵 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月02日

ハヤテのごとく 第13話

今回のお話は、ハヤテさんが白皇学園の編入試験を受けるというお話でした。

お話のはじめは、何やら店の中を覗き込みながらうろうろとしている西沢さん。彼女は、だれもいない店を探していたようで、ようやくだれもいない店を見つけて、早速その店に入店。そして、その店のメニューを全部注文する彼女。どうやらすごい大食いであるという事実がわかりましたが、今日の彼女の活躍はこれだけだったので少し残念。

三千院家には、ハヤテさんが白皇学園の編入するための書類が届きました。それまで、ハヤテさん自身もそんな話を聞いていなかったようで、そのことを話を聞いて「また、学校行ける!」と涙を流して喜ぶハヤテさん。これは、ナギさんのちょっとしたこれまでのお礼のつもりで学費も彼女が出してくれるとのこと。ナギさん優しさが身にしみました。

しかし、編入するためには試験を受けねばならず、しかもその試験は明日。これは、めちゃくちゃな条件です。白皇学園の偏差値は65にもなるようで、これは一筋縄ではいきそうにありません。いつ受験案内が届いたのか分かりませんが、ナギさんがもう少し早くこのことを伝えてあげていれば・・・・・。

さっそく勉強に取り掛かるハヤテさん。しかし、執事長やタマが邪魔をしてなかなかゆっくりと眠ることができません。それにしても、執事長の幼稚園の入学試験に関するエピソードは面白かったです。幼稚園児であの顔はないでしょう。しかも、たまたま積み木を合わせることができましたが、試験監督はあの状況を見ていて、それでも合格とはどういう試験官なのでしょうか。

そして、試験当日。今回の試験監督は、あの雪路さん。試験のほうも、何か道具を使わないでバナナを取るとかいうサル並みの変な試験。結局、バナナをめぐってサルたちと戦いを繰り広げるハヤテさん。本当にこれでいいのかと思っていましたが、やはりこれは雪路さんのやらせだったようで、その後にちゃんとした試験を行います。

結果は、あと1点届かずに不合格。さすがに一夜漬けで、合格しようとは現実はそんなにあまくはなかったようです。やっぱりハヤテさんは、運がなくてかわいそうになってしまいます。

そんな事実を知らない三千院家では、すでに祝賀ムード。不合格という事実を知ったハヤテさんやナギさんはいったいどうするのか。このまま泣き寝入りすることになるのでしょうか。次回も楽しみにしていまいす。
posted by 向日葵 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yes!プリキュア5 第20話

今回のお話は、うららさんが歌手デビューするというお話でした。

うららさんが歌手デビューすることが決定したことを知ったのぞみさんたちは、大漁旗を作るなど大喜びです。しかし、肝心のうららさん本人は何だかうかない感じの表情。どうやら、彼女は俳優を目指しているため、歌手活動には積極的になれないということらしい。
でも、のぞみさんも言っていたように、うららさんの思いをみんなに伝えるということは俳優でも歌手でもできることではないかと思います。もちろん、この2つの職業は違うわけだけど、俳優になるにしてもいろいろな経験をすることは大切なことだと思います。

今回のデビュー曲は、うららさんの作詞することになっているようです。いきなり、作詞をしないといけないとは大変。でも、一度吹っ切れてからは、作業も順調に進んでいるようでよかったと思います。

そして、いよいよデビューイベント当日を迎えます。さすがに、うららさんも緊張しているようで、歌詞の確認などに余念がありません。でも、ちゃんとステージに観客が集まるがどうか少し心配そう。そんな彼女のことを考えて、ビラ配りを行うみんな。うららさんは、本当にいいお友達とめぐり合えたものだと思います。

そんなイベントの開始直前に、ナイトメアのガマオさんが登場。彼は、相変わらずの貧乏でその会場の警備員をしていました。うららさん一人を呼び出して、彼女に襲いかかるガマオさん。これまでナイトメアの中で一番ましなやつかと思っていましたが、うららさんんのステージ衣装を踏みつけた彼の行動は、最低のやつのすることです。やっぱりナイトメアには、こういうやつしかいないのでしょうか。そんなガマオさんの行動がプリキュアの逆鱗に触れたようで、結局はまたまたあっさりと敗北。

ステージ衣装は、ボロボロになってしまいましたが、そこにココさんとナッツさんが自分たちでこしらえた衣装をもって登場。そして、なぜかのぞみさんたち4人も同じステージへ。そんな彼女たちのステージは、大成功に終わったようで、本当によかったと思います。うららさんもこれで自分の夢へ一歩前進したのではないでしょうか。

どうでもいい話ですが、のぞみさんたちはいきなりステージに上がってよくもあんな振り付けができたものだと思います。特に、のぞみさんなんか明らかにあんな短時間では覚えることが出来なさそうな気がするのですが・・・・。
posted by 向日葵 at 02:43| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。