2007年07月20日

ななついろ★ドロップス 第2話

今回は、魔法のしずく集めをしているということを撫子さんに見つかってしまうというお話でした。

前回のお話のあと、そのまますももさんの家に泊まったみたいな正晴さん。ところが、朝起きてみると、もとの姿に戻ったみたい。一緒にベットでいたので、すぐとなりにはすももさんが。びっくりした衝撃ですももさんが目を覚ましてしまいましたが、寝ぼけていたおかげで、夢だと勘違いしてくれたみたい。まぁ、何事もなくてよかったと思います。びっくりして、叫ばれたりしたら大事になっていたところです。

正晴さんですがもとの姿に戻ったのかと思っていたら、日が沈んだらまたぬいぐるみの姿に。如月先生による聞いてみると、昼は人間に夜はぬいぐるみになるらしい。しかも、月の満ち欠けも関係していて、新月は変身しないが、満月ではその逆になるみたい。これは、かなり厄介なしくみになっているものです。

ぬいぐるみ姿の正晴さんは、再びすももさんの家へ。そこでは、すももさんが母親から送られてきた手作りの服を試着していました。かなりいい出来だとは思うのですが、いつ着るものなのでしょう。ちょっとあれを着て、町を歩くのははずかしいでは。

その影響からか、ユキさんにも服を着せるすももさん。ぬいぐるみだから、何もできないし、本当に大変です。

そうこうしていると、指輪が反応し、魔法のしずくを探しに出かける2人。雨の降っていて大変そうでしたが、ちょうどそこを撫子さんに見られてしまったのです。にもかかわらず、何も気にすることなく傘を差し出す彼女。何で、こんな無反応なの。ある意味ではすごいのと思うけど、もう少し何か反応があってもいいような・・・・・。

撫子さんの家によって、お風呂につかるすももさん。そうしている間に、いじられたユキさんがしゃべったり、動いたりすることもばれてしまいます。そして、またまた無反応。やっぱり、ただものではありません。

しかし、魔法を使っているところを見られてしまった場合は、そのことに関する記憶は消さないといけないとのこと。でも、すももさんは親友の記憶を消すことができないと主張。すももさん、優しい子だと思います。

しかし、翌日の部活中は何だか嫌な雰囲気が。すももさんとしては、彼女に嘘をついているということに、後ろめたさを感じているみたい。

元気のない彼女を見た撫子さんは、用事があると言って、正晴さんに一緒に帰ってもらうように言ってきます。でも、ぬいぐるみ姿でない彼には何もできません。そんな中、「嘘にもいろいろある。」という彼の言葉が何気に心に残っています。相手のことを本当に考えた上でのものなら仕方ないかもしれません。

そんな中、夕暮れがせまっているのですももさんと別れます。ところが、その日は新月だたみたいで、ぬいぐるみの姿にはなりません。そして、何とか解決策を見つけるために如月先生のところへ行くのですが、先生は不在。しかし、かばんの中の本が光だしたかと思うと、そこには解決法が。

それは、本当に信じあえる人なら1人だけ秘密を知ることを許されるというもの。これで、今回は何とか問題解決です。これからは、もっと用心して魔法を使うようにしないといけません。


posted by 向日葵 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイガールズ 第2話

今回のお話は、音羽さんと可憐さんの軍での生活がスタートするというお話でした。

一足先に、訓練を開始しているような瑛花さん。これまた、相当にプライドの高そうな顔をしています。そんな彼女は、2人のパイロット候補生が民間からやって来ると聞かされてちょっと困惑気味。でも、ソニックダイバーという新型機は、何の経験もない人がいきなり操縦できるのもなのでしょうか。ちょっと彼女が困惑する気持ちもわかるような気がします。

そして、音羽さんと可憐さんは電車で横須賀基地に向かっていました。音羽さんは、電車に乗るのが初めてだったみたいで、なんか子供みたいにはしゃぎよう。可憐さんはというと、座るところがなくて、偶然席が空いていた音羽さんの前の席に座ります。これらから、いっしょに訓練を受ける仲間なんて、もちろん知らないわけですが、何だか運命みたいなものを感じます。

そんな2人は同じ駅で降りると、そこに偶然にもにげてきたひったく犯が。ちょどそこにいた2人は協力して、その犯人の撃退に成功。音羽さんはともかく、可憐さんのかばんを投げるという大胆行動にはびっくりしました。それにしても、すぐにナイフなんか取り出したりして、けっこう大人気ないような気が・・・。

そして、2人は冬后さんの運転する車で、基地に到着。車を運転してきてくれた人が彼女たちの担当する上官である冬后さんや瑛花さんと顔を合わせてから、そのまま自分たちの部屋へ。ところが、そこには着替え中の瑛花さんが。すぐに着替えるように言われ、「私の足を引っ張るようなことはしないで!」という厳しい一言。これは、またかなり息苦しそうな生活を送ることになりそうな予感がします。

そして、いよいよソニックダイバーと対面。何やら、この機体のパイロットはDNAレベルの相性が非常に重要らしい。機械が人を選ぶというのは、最近の流行なのでしょうか。

続いて、3人は機械の調整のか何かを行うtめに、専用のパイロットスーツに着替えます。このスーツが、これまたびっくりな代物なのです。何だか露出が多く、猫耳にしっぽまでついているとはちょっとどうなのでしょう。軽くて動きやすそうには見えますが、こんなところで萌え要素を出さなくてもいいような。

そして、その後の3人の調整はすぐに終了。何やらすごい技術が使われているみたい。そして、音羽さんが見た夢みたいなものの内容や、そのテスト結果を見ていた人たちの会話にも気になることがいくつかありました。まぁ、これから1つ1つ解明されていくことでしょう。
posted by 向日葵 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。