2007年07月22日

ハヤテのごとく 第16話

今回のお話は、ハヤテさんが野々原さんと対決するというお話でした。

ハヤテさんと戦わせるために執事の野々原さんを呼び出した東宮さん。しかし、そんな東宮さんは、根性を叩き直させるためとかいう野々原さんにボコボコに。いくらだらしがない主人だからと言ってもあれはかなり厳しいです。でも、主人のことを思ってのことだから仕方がないのかも。

そんな東宮さんを見ていられなかったのか、最後はヒナギクさんが彼を助けてあげました。さすが、剣道部の部長をいうところですが、それにしても東宮さんが情けない。

そんな東宮さんはハヤテさんにはかなわないと思ったからだろうけど、主人対主人、執事対執事で試合をしようと言い出します。また、野々原さんに怒られるかと思いましたが、これには彼も賛成してくれました。でも、何だかちょっと腑に落ちないところはあるような・・・・。

何とか助かったと思った東宮さんでしたが、練習していないナギさんに代わって、ヒナギクさんが相手をすることに。彼女曰く、ナギさんが練習をしていないからというよりも、東宮さんが下手で竹刀を振り回すと危ないからとのこと。これ何気に、かなり痛いところをついていています。そして、試合の方は案の定ヒナギクさんの圧勝でした。

次にいよいよ注目の執事戦。ところが、ハヤテさんは野々原さんに大苦戦。というか、かなり押されぎみな感じ。野々原さんは、超必殺技とか言って、火を噴くような技を使っているし、これはとても人間技とは思えない実力。

でも、それでもあきらめないハヤテさんは、冴木さんの出してくれたヒントを元に傍に転がっていた東宮さんを盾にすることで、からくも勝利をおさめることができました。でも、野々原さんはまだ本気ではなかったようで、一流への道はまだまだ遠いということでしょうか。

最後には、ヒナギクさんに剣道部に入るように誘われていましたが、彼はその誘いを断っていました。それにしても、初登校にしてこの騒ぎとはこれからの学校生活はどうなるのでしょう。

とここで話は終わったのですが、ちょっと早いなぁと思ったら、何やら短編の短い物語が。まぁ、こういうのもたまには面白いかもしれません。


posted by 向日葵 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yes!プリキュア5 第23話

今回のお話は、5人のプリキュアメンバーが喧嘩をしてしまうというお話でした。

ビーズを使ってお店を飾り付けするのぞみさんたち。そんな中、イタズラをしたミルクさんを追いかけていたために、その飾りが台無しになってしまいます。それを見て、いつものように怒るりんさん。しかし、そこにうららさんが割って入ってきたため、何だかかなりあやしい雰囲気に。そして、りんさんと同様にのぞみさんを非難するかれんさんをなだめようとしたこまちさん。しかし、この2人も何だか嫌な感じになってしまうのです。

結局、5人の気持ちがばらばらになってしまったわけですが、のぞみさんのことでここまでの事態になるとは少し驚きです。だって、のぞみさんがミスをするなんていうのはいつものこと。それにりんさんやかれんさんが怒るのも同様です。ちょっと唐突な感じはしますがなってしまったものは仕方がないです。

そんなかなり嫌な雰囲気の中、かれんさんとこまちさんのもとへギリンマが登場。でも、今回はさすがに本気のようで、黒い仮面をつけて巨大化したギリンマの前に2人ともやられてしまいます。そして、2人はナイトメアの大幹部であるカワリーノによって、黒い球体に閉じ込められ、悪夢の世界に送られてしまったのです。

そして、次に襲われたのがりんさんとうららさん。学校への帰り道で、やはり昨日のことが納得いっていないりんさんはうららさんにきつく当たってしまいます。それにしても、「他に友達がいないのか!」というりんさんの言葉はかなりひどいような気がします。うららさんにだって、たくさんの友達がいるに決まっています。

そんな2人は、ピンキーらしきものを見つけて、そのあとを追いかけます。今度はそんな2人の前に現れたギリンマ。変身して戦う2人でしたが、りんさんがあっさりと敗北。ねばるうららさんも結局はやられてしまい、2人も悪夢の精神世界へ。

これは、カワリーノの5人をばらばらにしようという作戦だったようですが、さすがに大幹部だけあって、うまい作戦を考えるものです。でも、あまりにもあっさりとやられすぎのような気がしないでもないですが。

最後に残ったのは、のぞみさん。ナッツハウスに現れたカワリーノは、4人と引き換えにドリームコレットを渡せといってきます。しかし、のぞみさんは逆に4人を傷つけたらコレットを壊すと応戦。なんだかすごくかっこいいです。のぞみさん、1人なのにがんばっていると思います。

仕方なく、のぞみさんをナイトメアの本部へ連れて行くカワリーノ。そして、のぞみさんの前には、デスパライアが。仮面をつけられた4人もいます。ここで、今週は終了。かなりやばい展開になってきましたが、5人がいったいどうなるのか次の話が楽しみになってきました。
posted by 向日葵 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダー電王 第24話

今回のお話は、ジークさんが消えてしまうというお話でした

前回の最後に誘拐犯と間違えられて逮捕されてしまった良太郎さん。どうやら、鷹山グループというのはかなり大きなグループみたいで、よりによってそんなところの誘拐犯と間違えられるなんて本当に運が悪い人です。

そんな良太郎さんでしたが、3人のイマジンが次々を憑依して、取調べをしている人も混乱しているみたい。でも、やっぱりこういう話をうまくまとめるのは、ウラタロスが一番うまいです。

そんな中、スコーピオンイマジンと契約したのは、赤ん坊を誘拐した増田という男であることが分かります。デンライナーの中で、いろいろと対策を考える侑斗さんとハナさん。ハナさんは、ジークと誘拐犯を探しに行こうと言いますが、ジークのほうはまったく聞く耳持たずといった感じ。そんな彼に、ついにハナさんの一撃が・・・・。相当に効いたはずですが、今度はハナさんを姫だとか何とか言って、もう完全にどうかしているといった感じ。本当に面白いやつです。

そして、反省したのかジークが赤ちゃんを通して、栞さんに良太郎さんが犯人でないことを伝えます。でも、赤ちゃんがあんなにはっきりとしゃべると何か少し変な感じもします。でも、このおかげで良太郎さんは無事に解放されました。

でも、契約者が幼すぎたため、記憶がなくなり消えてしまうことが明らかになったジーク。契約者の記憶からなくなるということは、契約者が死んだのと同じことになるらしい。赤ちゃんに憑依してしまったのが悪かったのでしょうが、ちょっとかわいそうな気がします。

栞さんを連れ去ろうとするスコーピオンイマジンの前に立ちはだかる良太郎さんとジーク。そして、ウイングフォームに変身。しかし、ジークはすでに力が衰えていたため、すぐに変身が解除されてしまいます。栞さんを救ってほしいというジークのために、過去へ飛んだ良太郎さんたちは、スコーピオンイマジンを撃破。

ついに、消えそうになるジーク。しかし、そこへジークのカードを持った良太郎さんが帰還。実は、ジークは栞さんに憑依した時に、すでに契約していたみたい。契約が完了していたわけで、過去へ飛べば契約者との関係もなくなるので、消えなくてもすむらしい。

そして、過去へ飛ぶとそこでは栞さんの結婚式が行われていました。ジークさんは、ハナさんの一撃を受けながら、光の球体へ。ブーケの旋回しながら、彼は消えていきました。みんなお別れを言っていました。それにしても、たった2話の登場でしたが、本当に印象に残るキャラクターでした。もう登場することはないのでしょうか。ちょっと惜しいような気がしてなりません。
posted by 向日葵 at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。