2007年08月08日

スカイガールズ 第5話

今回のお話は、音羽さんたち3人がこれまでの成果を軍のお偉いさんたちの前で見せるために、デモストレーションを行うというお話でした。

何やら軍のお偉いさんたちが、ソニックダイバー部隊の見学にやってくとのこと。その結果によっては、部隊の解散もあるかもしれないらしい。でも、ソニックダイバーにはかなりのお金がかかっているみたいなので、幹部の方々としてはそろそろ何か結果をだしてほしいというところなのでしょう。

ところが、瑛花さんだけはその事実をたまたま聞いてしまいます。その影響で、みんなで練習をするにしても、何だか呼吸が合わないのか、なかなかうまくいかないで失敗の連続。気持ちはわかりますが、もう少し冷静になってもらわないといけません。

そんなことをしているうちに、瑛花さんは冬后中佐に呼び出しをくらってしまいます。そして中佐は、「あの二人に合わせるなんて考え方、改めようや」と言って、彼女を落ち着かせようとします。

やっぱり、何気に冬后中佐って本当に優秀な方だと思います。だって、自分だって部隊の存続がかかっていて、プレッシャーを感じているはずなのに、あの冷静さは本当に大人な感じでした。

ちょっと悩んでしまったような瑛花さんでしたが、音羽さんも可憐さんも、そして自分もそれぞれちゃんと目的があって、がんばっていることに気付きます。

そして、瑛花さんが思いついたのが、シンクロによる同調性の訓練。これが見事に成功だったみたいで、フォーメーションもよやくうまくいくようになったみたいです。それにしても、瑛花さんの変化にはちょっと驚きです。仲間というか、そういったものを意識したことで、彼女もまた大きく成長できたと思うし、その影響からが3人の雰囲気もかなりよくなってきました。

とこれで安心と思っていたら、今度は射撃もあると言い出す冬后中佐。何だか、かなり無理やりな言い訳をしているようですが、やはり軍としてはソニックダイバーの兵器としての性能が大切ということなのでしょう。

そして、練習を始めるわけですが、瑛花さんと可憐さんは特に問題なし。ところが、音羽さんだけは、まったくダメ。少し落ち込んでいましたが、瑛花さんなどの励ましなどもあって、本番前日までに何とか成功。

ついに、本番の日になり、デモフライトのほうは大成功。そして、いよいよ問題の火器演習になり、瑛花さんと可憐さんは問題なく成功しましたが、音羽さんの番になると突然零神が操作できなくなります。何やら零神自身が、それを拒否したようで、代わりにソードシステムが始動し、それを使って的を適確に落としていきました。とりあえずは、何とか成功したみたいでよかったです。

すると、その後日には、瑛花さんが上級曹長、あとの2人が曹長に昇格。ついでに、ソニックダイバーの正式なパイロットになることもできました。これで、彼女たちの夢にも一歩前進といったところでしょうか。

しかし、最後には何やらヨーロッパ基地がやられたとかいう会話が。これは、実戦の日はかなり近そうです。


posted by 向日葵 at 02:27| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ながされて藍蘭島 第18話

今回は、新キャラのしのぶさんと行人さんが勝負するというお話でした。

いつものようにすずさんたちとご飯を食べている行人さん。すると、そこにどこからともなく矢文が飛んできます。その手紙は、みことさんが出したものらしく、内容はいきなり見合いをしろとのこと。行人さんは、嫌がっていましたが、唐突に見合いしろといわれたら困ってしまうのは当然でしょう。

すずさんから、みことさんが忍者の末裔だと聞かされちょっとびっくりする行人さん。というか、まだお姉さんがいたとは、そっちのほうがびっくりです。あの姉妹のお姉さんとはいったいどんな人なのか、あの2人から想像するとちょっと心配になってしまいます。

次の日、道中に倒れている人を見つけた行人さんとすずさん。やっぱりというか、道に迷ってあげくの果て空腹に絶えられなくなっただけだったみたい。だから、ご飯を食べたらあっという間に完全復活。しかも、ビフテキとかいう小さい牛さんを連れている。一人では寂しいので、連れといったところなのでしょうか。

彼女の話を聞いていると、修行に出たはいいが、道に迷ってしまったために修行が数ヶ月にも及んでしまったとのこと。すすさん曰く、島一番の方向音痴らしい。本当にすさまじいものです。今回みたいに、だれかに遭遇するとかいうことはなかったのでしょうか。

だから、もちらん彼女は行人さんのことはまったく知りません。しかし、島では彼のことはかなり有名になっているようで、いきなり勝負をしたいと言い出すしのぶさん。そんな唐突な。南の主は明らかに誇張表現していましたし、確かに北の主との勝負には勝ちましたが、あれは本当のところ偶然に近い。しかも、木から人形を作るとか、滝を逆流させるとか、こんな話はいったいどこから出てきたのやら。

そんな彼女の持ちかけた勝負ですが、行人さんはあっさりと拒否。しかし、しのぶさんの方も簡単には彼との勝負をあきらめません。行人さんは、彼女にしつこく付回されることになってしまいます。その夜には、しのぶさんが行人さんの布団の中に入って、耳元で夜中ささやき続けたみたい。これは、本当に迷惑です。

行人さん曰く、男は女を守るものだから、その男が女に剣を向けるというのは家訓に反するので勝負はできないという。でも、そんなことなんか関係ないしのぶさんは、ついにお風呂に侵入。まぁ、最近油断していたというのもあったようで、いつものように鼻血をふく行人さん。

そこへすずさんがやって来たから大変です。ここのところのしのぶさんの振る舞いを見ていて、たまっていた鬱憤がここで一気に爆発。完全にキレてしまったすずさんは、付きまとうのをやめさせるために、しのぶさんと勝負しろと行人さんに命令。普段、温和な彼女ですが、こうなると本当にこわいです。

勝負に備えて、お弁当をこしらえるすずさん。少し反省しているような素振りも見せていましたが、やっぱり怒りは収まっていない様子。行人さんはというと、からあげさんと試合に向けての特訓中。行人さんもかなり腕を挙げているみたい。昨日の怒りが収まりきらないすずさんから、お弁当を受け取るわけですが、やっぱりすずさんの顔が怖すぎ。

そして、いよいよ決闘を行う場所に到着。少し遅れてきたと思ったら、とてもこれから戦うとは思えないような服装での登場。どうやら、いつも通り道に迷っていたら、途中でちかげさんと遭遇し勝負服だといわれて着せられたらしい。あきらかに、何の勝負なのかを勘違いしているでしょう。

ついに、戦いがはじまるわけですが、これまたなかなかの好勝負。からあげさん曰く、お互いの実力がかなり拮抗していて、相手の予想を上回る技を出す必要があるとのこと。

そんな中、先に勝負を仕掛けたのがしのぶさん。分身の術で、行人さんを追い込み、勝負ありかと思ったら、今度は行人さんがしのぶさんの動きを見切って、一転して行人さんの有利な展開に。

と思った矢先にハプニングが。しのぶさんが、何かに躓いたために転びそうになり、それを助けようとした行人さんの手が・・・・。変な快感に襲われたしのぶさんは、そのまま崩れるように倒れこみ勝負あり。最後は、こういうオチが待っていましたか。これは、かなり意外な展開。でも、きっと勝負に勝った行人さんも微妙な気分でしょう。

勝負に負けて、また修行の旅にでるしのぶさん。しかし、いきなり崖からの落下。そして、何だかんだで行人さんの弟子になるということで、すずさん宅近くに住まうことになります。まぁ、修行もいいですけど、みんなといたほうが楽しそうだから、そのほうが彼女のためにもいいのではないでしょうか。
posted by 向日葵 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(4) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。