2007年03月08日

KAIKANフレーズ

これは、かなり前の作品です。この作品もけっこうお気に入りでした。
この作品の主人公の大河内咲也さんという人物の不良っぽいようなふるまいが本当にかっこいいよかったです。それに、この作品に出てくる仮想上のバンドであるリュシフェルというバンドは、実際にデビューして、その番組内で歌っている歌が発売されたのです。私も、当時KAIKANフレーズの番組ないで歌われていた曲は、そのCDはちゃんと購入して、今でもなんか持っています。(でも、私が持っているのは、リュシフェルとe.muだけなんですけど・・・。)
番組内で発売されたTOKYO幻想などの曲を制作していくあたりのストーリーがやっぱり一番よかったです。e.muとの対決で、何も宣伝を行わなかったにもかかわらず、ラジオなどの口コミから噂が広がり、最終的には勝利してライブの権利を勝ち取るなんて本当にすごい。
実は、私、原作はまったく読んでいないのです。話に聞くところによると、だいぶストーリーが異なるらしい。でも、私自身はアニメもけっこうよかったと思います。
しかし、この作品は現在まで、DVD化などはされていない現在では幻の作品のようです。だから、アニメ版のほうを見るのはちょっと難しいかもしれません。だから、この作品について知りたい人は、単行本でがまんしてください。原作のほうは、かなり売れたらしいので、そっちのほうがちょっとするといいかもしれません。


posted by 向日葵 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。