2007年03月12日

天保異聞妖奇士 打ち切り

天保異聞 妖奇士が打ち切りになってしまったようです。製作者側は、「今までにないアニメを作る」と非常に力を入れていたようなので残念です。
ストーリーが分かりにくいのがうまくいかなかった一番の原因であるようですが、主人公が30後半の男という設定もまずかったのではないでしょうか?若年層をターゲットにしているならば、あの年齢の男が考えていることには共感できないのかもしれません。あの年齢だと、頭が固くなりすぎて、なんでも理屈で考えてしまう傾向があると思います。だから、どうしても物事を考えるときに、ネガティブ思考になってしまう(つまり、理想論ではなく現実主義的な方向に)。それが、どうしても若い世代には受け入れがたいものがあったのではないかと思います。
確かに、年をとっている私でも分かりにくいと感じることはありました。でも、作品自体は非常に丁寧に作ってあったと思うし、製作者側のチャレンジ精神は立派であったと思います。
次は、「地球へ・・・」という作品がスタートするようです。私は、原作については全く知らないのですが、なかなか難しそうな話でした。地球環境の悪化に伴って、別の惑星に移住した人類と移住したあとに誕生した特殊な能力をもつ人類「ミュウ」。彼らは、対立関係にあり、少数派であるミュウはひどい弾圧を受けており、そのような中でミュウの少年が故郷の地球をめざすというような話みたいです。
土曜6時の、アニメ枠は今は非常に人気枠ですが、失敗が続くと放送枠自体がなくなるかもしれません。次の、作品で挽回してもらいたいと思います。


posted by 向日葵 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。