2007年03月29日

すもももももも 第22話

このアニメも今回で最終回でした。やはり前回に続いて、最終話もけっこうまじめな路線で話が進んでいく展開になりました。
特に、もも子さんと天我さんの戦いはなかなか見ごたえがありました。
考士さんが、天々さんの毒の影響で死んでしまって以降が特にすごかったです。超回復とかいう古代に伝わる力とかなんとかで、天我さんはすごい格好になり(皮膚とが赤と青になりとても人間とはいえない)、もも子さんも考士さんの死の影響で同じ古代の力を呼び覚まして、でっかい剣みたいなものを出して戦っていました。
戦闘の途中で、もも子さんが考士さんへの思いを叫んでいるところは非常に感動する場面であったと思います。彼女は、初期の理由はちょっとおかしいと思いましたが、本当に彼のことが好きなんだという思いがうまく描かれていました。
でも、前半部分の考士さんと天我さんが対峙する場面で、考士さんが変な印のようなものを結んでいる部分だけが、なかなか笑えたのではないでしょうか。やっぱり、武闘家としてはあまり変わっていないようです。しかし、母親に封印されていた力を解放して、もも子さんのピンチを救っていました。最後に、一度だけ武闘家らしいことをした感じです。
結局、もも子さんは考士さんと契りをかわすことはできませんでした。途中からすっかり忘れていたような気がしますが、これから十二神将戦争のほうはどうなっていくのでしょうか?続きが気になるけど、続編はきっとないでしょう。
全体としては、ギャグがきいていて面白い作品になっていたのではないかと思います。途中、何回か見れなかったお話があったのですが、やっぱり西郷さんのお話が一番印象に残っています。
原作は、まだ続いているようなので、続きはそちらを見るしかないみたいです。


posted by 向日葵 at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。