2007年03月30日

京四郎と永遠の空 第6話

今回の話は絶対天使による激しいバトルがありましたが、お話としては少々シリアスぎみな展開だったと思います。
自分が絶対天使であるということが事実を知ってしまった空さん。もし、自分が人間でないと気づいた時の気分というのはいったいどんなものなのでしょうか?夢の中でも、親友のこずえさんに絶対天使であると言われるところは、本当にかわいそうでした。
次に、かおんさんと空さんを融合させようとしたところで、せつなさんとたるろってさんが乱入してきて、激しい戦闘が繰り広げられることになります。京四郎さんの望みだからと、一生懸命戦っているせつなさんの姿に非常によかったです。
しかし、その戦闘後のせつなさんに対する京四郎さんの態度はいただけません。空さんが心配なのはわかりますが、あんなに一生懸命なせつなさんを完全に無視では、せつなさんがかわいそすぎます。前回は、ちょっとせつなさんに対する思いがあると思われるシーンがあって、少しはせつなさんのことを考えていると思ったのですが、やはり彼女を絶対天使という道具としかみていないようです。
それにしても京四郎さんの兄弟というのは、本当に仲が悪いようです。今回なんか、会っていきなり、ミカさんは銃を撃っていました。あれは、やりすぎなのでは・・・。
空さんはありえないはずの6人目の絶対天使のようです。またまた、話がややこしくなってきそうな雰囲気ですが、できればあんまり複雑な話はできればやめてもらいたいと思います。


posted by 向日葵 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「京四郎と永遠の空」第6話『ゆめはて十字路』 ただいま期間限定無料放送中!(〜4/10)
Excerpt: 「京四郎と永遠の空」トラックバック募集中!ネットラジオも放送中 (powered by i-revo)
Weblog: [i-revo]京四郎と永遠の空
Tracked: 2007-04-05 02:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。