2007年04月17日

Yes!プリキュア5 第10話

いつものように遅くなってしまったのですが、先週のお話の感想を書きます。
今回のお話は、みんな秘密基地として使っている「ナッツハウス」ですが、まったくお客さんが入っていないようなのです。そのナッツハウスを、みんなで協力して何とか盛り上げようとするという話でした。
でも、なんの努力もしないで、ただ待っているだけでは、お客さんが入らないのは当たり前です。それにあの店は、もともとかれんさんの家が物置として使っていた建物なので、立地条件も悪そうですし、そんな簡単にはいかないような気がします。
そんなナッツハウスを盛り上げるために、みんなはうららさんなどを使って宣伝するなどいろいろと試していましたが、結局みんなでビラ配りをすることになったのです。
そんなところに、依然登場したガマオさんが襲い掛かってきました。彼は、のぞみさんたちに負けて以来、お金が無いために食べ物が無くて、非常に苦労したようです。そんな姿を見て、ガマオさんに同情しているナッツさんがけっこう面白かったと思います。
しかし、お金が無くて食べ物が手に入らないということは、彼はちゃんとお金を出して食べ物を買っていると思われます。デスパライアの悪いやつのはずなのに、ちゃんと社会のルールを守っているということです。ガマオさんなら、万引きとかしてしまいそうなイメージがありますが、敵ながら立派なことであると思います。敵だけど、デスパライアは、社員教育はしっかりとしているということでしょう。
話は、ナッツハウスのことに戻りますが、彼女たちががんばっている姿を見て、自分も何かしないといけないと感じたナッツさんもビラ配りをはじめました。その彼がビラを配った相手が、あの増子さんだったのです。そのおかげで、ナッツハウスが学校新聞に取り上げられて、その結果、ナッツハウスは大繁盛ということになりました。
結果的にはよかったのでしょうが、彼女たちががんばったビラ配りの成果がでていないような・・・・。まだ、ナッツハウスはのぞみさんたちの学校で話題になっただけです。幅広く客を集めるためには、これからもビラ配りを続けていくしかないと思います。


posted by 向日葵 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。