2007年04月23日

Yes!プリキュア5 第11話

今回のお話は、のぞみさんの勉強嫌いに関するお話でした。
私は、そんなに勉強嫌いではありませんでしたが、のぞみさんのように「勉強して何の意味があるのだろう」とは、一度も考えたことはありませんでした。
その理由を今考えてみると、おそらく私には特にやりたいことがなかったからだと思います。だから、とりあえずは勉強しようというふうに考えていたのでしょう。
のぞみさんは、みんなといっしょに勉強をすることになるのですが、嫌になって結局逃げ出してしまいました。
そのあとを追いかけていったナッツさんのとの気球のお話は、確かによかったと思うのですが、やはりすこし理想論を語りすぎではないでしょうか。
よく若い子供たちには「好きなことをみつけましょう」というように指導している番組が多いのですが、こういう指導は適切ではないと思います。それが、現在の「好きを仕事にしたい」とか「自分に合った仕事がしたい」という、くだらない考えを助長しているように私は考えています。
社会の中では、好きなことはまったくできませし、自分に合った仕事を見つけ出すなんてこともほとんど不可能に近いことです。問題は、嫌なことでもどこまで割り切ることができるかではないでしょうか。
もう1つ、勉強することは少なくとものぞみさんたちの年齢では、義務であるということを忘れてはいけません。好き嫌い、できるできないにかかわらず、義務だから勉強をしないといけないのです。
しかし、今回の話の最後で、のぞみさんは大幅に点数を上げることができました。かれんさんは不満なようでしたが、勉強のペースに個人差があることは仕方がないと思います。勉強嫌いの彼女があそこまでやったわけですし、彼女自身は満足しているようだったので、やはりあそこはのぞみさんを褒めてあげるべきであったと思います。
私は、もし何もやりたいことがないならば、やはり学校の勉強に力を入れることを強く勧めます。勉強をがんばっておけば、例えどんな道を歩んだとしても、必ず役に立つでしょう。何もしないよりは、ずっといいと思います。


posted by 向日葵 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。