2007年05月25日

この青空に約束を 第7話

今回のお話は、海己さんがメインのお話でした。
今回のお話を見てみて、海己さんことについてさまざまなことが分かりました。航さんと海己さんは、それぞれの両親のことでいろいろと複雑な状況に置かれてるようです。子供だけ残して駆け落ちしたというようなことであったと思いますが、こんな無責任な親は本当に許せません。
それにしても、航さんは海己さんに相当頼られているようです。でも、肝試しの影響があったのかもしれませんが、航さんは多少、海己さんのことを心配しすぎなのでは。だって、もう高校生なわけで、いくらなんでも迷子を迎えにいくとはちょっとどうかと思います。
それと、私は今回の話の中で海己さんが航さんを好いているわけは、純粋な恋愛とは少し違うように感じました。海己さんの話を聞いていると、「航さんの周りには多くの人が集まってくるから航さんのそばにいた」と言っていたと思います。子供の頃のことだから、それが恋愛感情に変貌したと考えることもできますが、私にはちょっとちがう感じがいたしました。
男子寮が女子寮に編入されたことがばれてしまった航さん。次回の話で2人はいったいどうなるのでしょうか。


posted by 向日葵 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。