2007年05月30日

この青空に約束を 第8話

今回のお話は、海巳さんをめぐるエピソードの後半です。
先週のお話の最後で、男子寮が廃止されて女子寮となってしまったことが、航さんの祖父にバレてしまいました。航さんの祖父母などは、もちろん航さんと海巳さんの同居に反対しましたが、結局は2人がこれまで通りいっしょに暮らせるようになってよかったと思います。
こそこそするよりも、ちゃんとみんなが納得した上で、暮らしたほうが彼らのためにもきっといいに決まっています。
2人は、航さんの生徒会長の任命式みたいな場で、そのことを発表したわけですが、海巳さんのお父さんも航さんの祖父母も意表を突かれた感じがちょっとおもしろかったです。
この作品を見ていて、いつも思うことですが、航さんは少し感情論で物事を考えすぎだと思います。彼の考え事態は、必ずしも間違いであるとは思いませんが、いつも一人で暴走してしまっているような感じを受けます。そんな航さんのことを世話している、つぐみ寮のみなさんは本当に苦労なさっていることでしょう。
では、また来週です。


posted by 向日葵 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。