2007年06月14日

この青空に約束を 第10話

今回のお話は、前回に続いて沙衣里に関するエピソードでした。
前回の話の最後で、退学処分を下されそうになった航さんでしたが、沙衣里の活躍のおかげで何とかそれは避けることができました。ストーリー的にはそうなるのは当たりまでだと思うけど、今回の沙衣里の活躍は本当にすばらしかったと思います。
どうやら、航さんは相当の問題児であったようで、教師の間でも相当に評判が悪く、最初は退学に賛成した人が圧倒的でした。しかし、彼女が航さんのことをちゃんと理解していたこともあり、彼女の話を聞いてみんなが考えを変えてくれました。これは、沙衣里さんのつぐみ寮を残したいという強い思いが実現によって実現できたことなのでしょう。本当に彼女のことを見直してしまった。
それと人を見た目だけで判断するのはやめたほうがいいことだということを、強く感じました。何かそういう教師は、現実世界にも多いような気がします。
とりあえず、つぐみ寮がなくなることがなくてよかったです。沙衣里に感謝しないといけません。
次は、浅倉奈緒子に関するエピソード。これが最後の話なのだろうけど、それぞれのキャラに関するエピソードを短編的にやってきました。最後は、いったいどのようにまとめるでしょうか。


posted by 向日葵 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。