2007年06月20日

この青空に約束を 第11話

今回のお話は、浅倉奈緒子さんについてのお話でした。
どうやら奈緒子さんは、昔から島一番の美少女として知られていたようで、それを彼女にしようとしたのが、航さんと彼女の出会いであったようです。でも最初は、年下であって、そんなひょこひょこと現れた航さんでは、そんなに簡単に思うようにはいきませんでした。

しかし、粘る航さんに対して、ついにデートをしようと言い出す奈緒子さん。大喜びでデートをする2人でしたが、実は彼女にはすでに思いを寄せていることが発覚してしまいます。それに激怒した航さんは、そのまま彼女と別れることに。そして、そのうちに奈緒子さんは、東京に帰ってしまったという噂も伝わってきました。でも、航さんもお金をかけて彼女を落とせるが勝負していたようで、あまり人のことは言えないと思います。でも、ゲームのつりが本当に好きになってしまったよいうで、少し困った展開になっていきます。

そんな2人でしたが、航さんが高見塚学園に入学し、つぐみ寮に入寮したことで再開をすることになります。どうやら、奈緒子さんは葬式か何かで東京へ一時帰郷していただけのようで、それを回りの人が東京へ帰ったと勘違いしただけでした。

その後、生徒会長になった奈緒子さん。同時に、副会長になった航さんは、彼女のいいようにこき使われているようで本当にかわいそうなことです。それにしても、彼女の先生の前の変貌ぶりにはびっくりでした。でも、いつも完璧にことをこなしていたら、そりゃぁ疲れてしまい、息抜きがしたくなるのも当然のような気もします。でも、彼女の二面性はちょっと極端な気がしますが、逆にそれだけ回りのつぐみ寮の人を信頼しているということにもなると思います。

だんだん良い感じになってきた2人でしたが、そんなとこへ奈緒子さんが好いていたヒロさんという人が登場。いったい航さんはどのような行動をとるのか。いつものように、むちゃするのでしょうか。また、来週までの結果待ちということで。


posted by 向日葵 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。