2007年06月25日

瀬戸の花嫁 第12話

今回のお話は、永澄さんが留奈さんの手に落ちてしまうというお話でした。今回は、なんか怒涛の急展開という感じで見所があったと思います。

前回のお話で完全に崩壊してしまった永澄さんの家出でしたが、江戸前組の建設業者によって修理してもらえたようです。外見はあまり変わっていないようですが、キッチンがシステムキッチンになったようで、永澄さんのお母さんは大喜びでした。ひょっとしてお母さんが江戸前組や瀬戸内組の方々に頼んだのでしょうか。それならなかなか度胸があると思います。

そんなところで、留奈さんが学校での成績が明らかに。全教科0点とは、少し悪すぎるとト思います。もちろん、アイドルとして活躍しているので、忙しいのだろうとは思いますが、あれは単にやる気がないだけなのではないでしょうか。政さんもお困りのようなので、もう少し何とかしてほしいです。

そんな中で、永澄さんが留奈さんに勉強を教えることになります。まじめに勉強をしているようには思えませんでしたが、だんだんと2人がいい雰囲気に。そりゃぁ、目の前に自分がファンだったあこがれの人がいたらなかなかと対応に困るのが普通でしょう。でも、彼女のパフォーマンスは、これまたかなり過激。あれは、やりすぎでしょう。それにしても、それを影で見ていたマキさんの言動がなかなかと面白かったです。

話は進み、ちょっとした拍子に足に水をかぶってしまった留奈さん。相変わらずドジなことですが、もう少し用心ようにしたほうがいいです。

しかし、それを乾かそうとタオルで足を拭いていたところを、留奈さんのお父さんにちょうど目撃されてしまいました。もちろん、彼に追いかけまわされる水澄さん。そこにさらに、燦さんが現れたから大変です。

そして、留奈さんのお父さんは永澄さんに敵意むき出して、東京湾に沈めるといか言い出す始末。ところが、それを阻止しようとした留奈さんが、永澄さんにいきなりの告白をします。これには、正直驚きました。みんなもいる中で、あんな行動にいきなり出るとはびっくりです。

結局、永澄さんは江戸前組の方々につれていかれてしまいした。燦さんは、いったいどのような行動に出るつもりなのでしょうか。


posted by 向日葵 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 瀬戸の花嫁 第12話 「愛の奴隷」
Excerpt: 瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤) ルナはピンチに陥っていた。テストの点数があまりにも低いため、「このままでは落第する」と教師に言われたためだ。永澄はそんなルナに勉強を教えることになるのだが、..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-06-29 14:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。