2007年06月30日

仮面ライダー電王 第21話

今回は、リュウタロスが桜井侑斗にどちらが強いかを決めるために戦いを挑むというお話でした。

良太郎さんは、侑斗さんのことが相変わらずかなり気になっている様子。良太郎さんは、自身の目の前に現れた彼は自分が知っている侑斗さんではないと考えている感じ。でも、オーナーの言うとおり実際のところはどうなっているのか、現段階ではまったくわかりません。

それと、ハナさんもゼロライナーと自分が住んでいた時間に何か関係があるのではないかと思い悩んでいる様子。でも、こちらも現段階では何も明らかではありません。両方ともきっと重要なことなのだろうけど、これからの展開を待つしかなさそうです。

それにしても、侑斗さんが契約しているデネブさんというイマジンは本当にいいイマジンだと思います。普通、見知らぬ人の仕事の手伝いなんかしようとは思わないでしょう。侑斗さんもそんなデネブさんにはかなりあきれているような感じです。

そんな中、愛理さんに近づこうとする侑斗さんが気に食わないリュウタロスさん、そんなと彼にキンタロスさんが強いやつが好かれるみたいなことを吹き込んだから大変です。もちろん、それを真に受けたリュウタロスさんは侑斗さんに一方的に勝負を挑みます。

相変わらずリュウタロスさんは良太郎さんでもコントロールできないようで、だれもそれを止めることができません。そして、侑斗さんも仕方なくゼロノスに変身して、戦うことに。ここで、彼は少し気になることを言っていました。どうやら、彼が仮面ライダーに変身できる回数は決まっているようなのです。これは、いったいどういうことなのでしょうか。

いろいろな話題が出てきていますが、まだほとんど分からない段階です。やっと面白くなってきたような感じがします。


posted by 向日葵 at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。