2007年07月07日

仮面ライダー電王 第22話

今回は、ハナさんが自身の消えた過去について侑斗から情報を聞き出そうとするお話でした。

冒頭は、前回に続いてリュウタロスさんと侑斗さんの戦いからはじまります。完全に暴走している感のあるリュウタロスさんですが、最後は何とか良太郎さんが追い出すことに成功しました。あれは、侑斗が起こるのも無理ないと思います。

そんな侑斗さんに消えた過去についてたずねるハナさん。着ぐるみを着て、七夕の品物をデネブの変わりに売れとかいう難題を言われても、素直に従うハナさんはちょっと意外でした。それだけその事実についての情報がほしいということなのでしょう。

それにしても、今回のイマジンはとてもおもしろいやつだったと思います。契約した人がその契約を忘れてしまったので、逆ギレしたイマジンが契約者を攻撃。変な種みたいなものを飛ばす攻撃でしたが、契約者がちょっとかわいそうな感じ。

ようやく過去へ飛べたかと思ったけど、そこへやって来たウラタロスさんと侑斗にあっさりと敗北。本当におもしろいやつでした。

一方、一人で苦労しているハナさんでしたが、ナオミさんたちの協力もあって売り物はすべて完売することができました。そして、約束を果たしたハナさんは侑斗さんに消えた過去についてたずねましたが、彼も何も知らないらしい。でも、侑斗さんが言っていたようにゼロライナーがあるのだから、ひょっとするとハナさんの時間も・・・・。まだ、可能性はあるような気がするので、あきらめないで探し続けてほしいです。


posted by 向日葵 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。