2007年07月16日

ななついろ★ドロップス 第1話

今期にスタートした作品の1つです。
ストーリーとしては、魔法少女系の王道ものみたいか感じ。原作は、ゲームみたいだけど、私はプレイしたことがないので、ストーリーの詳細については全く知りません。
第一話を見た感想をとしては、絵は非常にキレイで見ごたえのあるもののように思ったけど、ストーリーとしては少し微妙な感じ。私としては、あまりにも萌え要素が前面に出すぎているように思いまいした。

視聴は続けるつもりだけど、何かメッセージ性の強いものストーリーとして取り入れてもらいたいところ。そうでないと、ただのオタク向けのアニメになってしまうと思う。

そして、今回のお話は秋姫すももさんが七つの星のしずくを集めることになるというお話でした。

主人公の石蕗正晴さんが校庭を歩いていると、そこで如雨露を持っていたすももさんとぶつかってしまいます。ところが、正晴さんに水をかけてしまったと思ったすももさんが泣き出してしまいうことに。

そこに、すももさんを泣かせたと勘違いした親友の八重野撫子さんが現れ、少し怒られてしまう正晴さん。もともとすももさんのほうからぶつかって来たわけだし、正晴さんがちょっとかわいそうな感じもしますが、あの状況を見ればちょっと仕方がないかも。

そこに現れたのが園芸部顧問の妙月ナツメさん。とても先生とは思えない人だけど、正晴さんは彼の命令で園芸部の手伝いを強制的にさせられることになってしまいした。何だが、本当に散々な感じです。

そして、彼からジュースを受け取り、それを持っていると、あやしい男とぶつかってしまい、そのジュースが入れ替わってしまったのです。ところが、その入れ替わったものを飲んだ正晴さんは気づいたときにはなぜかぬいぐるみの姿に。もちろん、身動きなんかとれません。

すももさんに拾われるわけですが、結局はナツメさんのもとへ。彼は、正晴さんを動けるようにしてくれて、もとの体にもどる方法を教えてくれます。彼によると、星のしずくなるものを7つ集めないといけないとのこと。そのためには、女の子のパートナーが必要だとか言われて、そのままバットで夜空へ飛ばされてしまうのです。

彼が、辿りついたのはすももさんの家。ぬいぐるみの姿になった正晴さんは、理由を説明して協力を求めると、彼女は心よく了承してくれます。本当によかったです。そして、正体がバレてはいけない彼は名前がないと咄嗟にいったため、すももさんがユキと命名。

そして、早速、星のしずく探しに出発。あの変な指輪のようなものが指し示す方向に進んで行くと、学校の噴水にたどり着きます。そこで、星のしずくを見つけると、指輪をスプーン状に変形させ、それを使って捕まえようとしますが、一度目は失敗。

そして、次にスプリンクラーを利用して、再挑戦。今度は、ちゃんと捕まえることができました。ところが、学校の屋上から彼女を見つめるあやしい影が。

あと残りは、6つ。困難に立ち向かっていく、彼女の姿に期待したいと思います。


posted by 向日葵 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。