2007年07月22日

ハヤテのごとく 第16話

今回のお話は、ハヤテさんが野々原さんと対決するというお話でした。

ハヤテさんと戦わせるために執事の野々原さんを呼び出した東宮さん。しかし、そんな東宮さんは、根性を叩き直させるためとかいう野々原さんにボコボコに。いくらだらしがない主人だからと言ってもあれはかなり厳しいです。でも、主人のことを思ってのことだから仕方がないのかも。

そんな東宮さんを見ていられなかったのか、最後はヒナギクさんが彼を助けてあげました。さすが、剣道部の部長をいうところですが、それにしても東宮さんが情けない。

そんな東宮さんはハヤテさんにはかなわないと思ったからだろうけど、主人対主人、執事対執事で試合をしようと言い出します。また、野々原さんに怒られるかと思いましたが、これには彼も賛成してくれました。でも、何だかちょっと腑に落ちないところはあるような・・・・。

何とか助かったと思った東宮さんでしたが、練習していないナギさんに代わって、ヒナギクさんが相手をすることに。彼女曰く、ナギさんが練習をしていないからというよりも、東宮さんが下手で竹刀を振り回すと危ないからとのこと。これ何気に、かなり痛いところをついていています。そして、試合の方は案の定ヒナギクさんの圧勝でした。

次にいよいよ注目の執事戦。ところが、ハヤテさんは野々原さんに大苦戦。というか、かなり押されぎみな感じ。野々原さんは、超必殺技とか言って、火を噴くような技を使っているし、これはとても人間技とは思えない実力。

でも、それでもあきらめないハヤテさんは、冴木さんの出してくれたヒントを元に傍に転がっていた東宮さんを盾にすることで、からくも勝利をおさめることができました。でも、野々原さんはまだ本気ではなかったようで、一流への道はまだまだ遠いということでしょうか。

最後には、ヒナギクさんに剣道部に入るように誘われていましたが、彼はその誘いを断っていました。それにしても、初登校にしてこの騒ぎとはこれからの学校生活はどうなるのでしょう。

とここで話は終わったのですが、ちょっと早いなぁと思ったら、何やら短編の短い物語が。まぁ、こういうのもたまには面白いかもしれません。


posted by 向日葵 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:ハヤテのごとく!/第16話 「負けてもマケンドー」
Excerpt: 品質評価 18 / 萌え評価 34 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 35 / シリアス評価 10 / お色気評価 4 / 総合評価 18<br>レビュー数 226 件 <br> <br> 東宮のと剣道勝負をすることになった..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-01 16:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。