2007年07月31日

瀬戸の花嫁 第16話

今回のお話は、不知火明乃さんが登場し、燦さんたちがちゃんと人間世界で正体を隠して生活しているかを調べに来るというお話でした。

またまた転校生がこのクラスにやってきました。名前は、不知火明乃さん。彼女の正体は、実は燦さんたちが人魚であることの正体をちゃんと隠して人間界で生活できているかを見に来た人魚試験官。さすがというか、何から何まで几帳面にメモを取っているあたりは、ちょっとオーバーな感じがします。

そんな中、三河さんが魚人の力を使おうとしたのを目撃すると、不知火さんは彼の額に一撃を加えます。どうやら、彼はいきなりの失格みたい。

そんな彼女に、完全にビビリまくっている燦さん。授業中も落ち着かないみたいで、失敗を繰り返す燦さん。そんな彼女を心配する永澄さんでしたが、人魚に関することなので彼に相談することなんかもちろんできません。しかも、彼女には豪三郎さんでさえ逆らえないみたいで、マキさんも家に軟禁。理科の授業の爆破なんか本当にすごかったです。

体育では、ドッジボールをやっていたけど、ボロボロの燦さんにボールをぶつける留奈さん。人間としては失格って、それはそれでかなり問題があるような気がするのですけど。でも、彼女は人間ではないわけですけど。それと、サルが妙に反応しているのも少し気になりました。

それを見ていた不知火さんは、燦さんにいつも通りにしろといったアドバイス。と思ったら、気が抜けたのかいきなり足に水をかけてしまった燦さん。それを見た不知火さんは、一瞬でクラスの生徒を瞬殺。これまた、すごい太刀筋なこと。

もちろん、それに対して不知火さんは大激怒。燦さんに一撃を浴びせようとしますが、燦さんはそれを見事に受け止めます。彼女の剣術もまたすごい。永澄さんも、呆気に取られていました。

燦さんも強制送還かと思いましたが、不知火さんが失格の一撃を浴びせることができなかったので、今回は保留とのこと。でも、これからも不知火さんは監視を続けるみたいなので、燦さんもうっかりはしていられません。


posted by 向日葵 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:瀬戸の花嫁/第17話 県警対組織暴力
Excerpt: 品質評価 21 / 萌え評価 23 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 30 / シリアス評価 11 / お色気評価 15 / 総合評価 18<br>レビュー数 146 件 <br> <br> 転入早々、磯野第八中学校最強伝説..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-09-21 18:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。