2007年08月07日

OverDrive 第18話

今回のお話は、ミコトさんが山岳賞を取るというお話でした。

レースはというと、トップグループは兵藤さん、遥輔さん、大和さん、寺尾さんの4人によって争われていました。そんなこう着状態の中、飛び出したのが大和さん。彼は、クライマーであり、彼が山岳賞を取るためにはゴール直前で不利であると感じたため、ここで差を広げようというのです。

アタックをかけるかどうかというのは、ある種の賭けになるとのこと。もし、アタックをかけて、兵藤さんや遥輔さんを引き離せなかった場合、致命的なミスとなるからです。迷っていた大和さんでしたが、結局、彼は勝負に出ました。

しかし、兵藤さんや遥輔さんを引き離すことはできません。これは、完全な判断ミス。大和さんにとっては、かなり痛いミスになりそうです。

後ろを振り向かないで、気配を感じて、状況判断をする大和さん。そこにやってきたのか、ミコトさんでした。どこにそんな力が残っていたのかと思いたくなりますが、どんどん加速していく彼は一気にトップへおどり出ます。

そんなミコトさんを見たトップグループは、彼に触発されてこれまたスピードアップ。よくわかりませんが、レース展開としてはありえないぐらいのスピードらしい。ミコトさんの意外性にびっくりしたために、みんなすごい表情をしていました。

ついに、ゴールの200メートル手前。みんな必死に追いかけますが、相変わらずトップはミコトさん。そんなミコトさんは、ゴール手前でさらに加速。そして、ついに彼は山岳賞を獲得。ゴール直前は、本当に手に力が入ってしまいました。お父さんたちやゆきさんたちも大喜びでした。めちゃめちゃだけど、本当にすごい子です。

でも、本当にありったけの力を使ってしまったみたいで、ゴール後の彼はかなり衰弱した表情。まだ、レースは半分残っているということなので、ちゃんと完走できるのかということがかなり心配です。


posted by 向日葵 at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。