2007年08月10日

もえたん 第4話

今回のお話は、白鳥ありすさんという新しいキャラクターが登場するというお話でした。

ありすさんはかなりの人気者のようで、いんくさんもすみさんも彼女の大ファンらしい。何やら、英単語に関する歌を歌っているらしく、いんくさん曰く、それがかなりいい感じらしい。でも、私としてはかなり微妙な感じがするのですが。

そんな或る日のこと、ありすさんが近くの公園にロケにやってくるということで、見学に行くことにしたいんくさんたち。しかし、すみさんはというと相変わらずのお寝坊さん。そんな彼女に対して、瑠璃子さんは彼女の耳元で怖い話をして起すという精神攻撃です。彼女は、腕っ節だけでなく、頭もキレる方みたいで、なかなかのやり手。

しかし、公園に行ってみると、ありすさんは用事があってこないらしく、がっかりする2人。すると、マジメロが反応し、現場である幼稚園に直行。

何があったか、はじめはわかりませんでしたが、とりあえず園児たちを非難させる。ここで疑問に思うのだが、先生は彼女たちのことをいったい何者だと思ったのだろう。何だか、いんくさんの逃げろという指示に従っていたが、それよりも警察を呼んだほうがいいのでは。

原因をさぐるために、幼稚園の中に入っていくいんくさんたち。すると、そこには変なおじさんが1人。何だか、いきなり限定フィギュアを取り出して見せびらかしていましたが、いんくさんたちは単なる変態だと思われて、吹っ飛ばされてしまいます。まぁ、当然の結果でしょうか。

ところが、マジメロの反応はこのおじさんではなく、大きな魔法世界から来たタコのほう。こいつは、魔法を吸収するらしく、苦戦するいんくさんたち。とそこへ、あのおじさんが現れて、そのタコと一緒に自爆。あーくんは知合いみたいなことを言っていたけど、あまり深く追求はしないでほしいとのこと。彼がいったい何者なのかということが、何気にけっこう気になります。

それにしても、あの警官は毎回いったい何をしにくるのでしょうか。いんくさんは、ダンディーとか勝手に名前をつけていましたが、かなり謎です。

その夜のいつものように、ナオさんの家に行くいんくさんでしたが、彼女がいない間にありすさんがあーくんを襲撃。この2人も、何やら因縁があるみたいで、追い詰められてたあーくんでしたが、そこへ偶然いんくさんが来て、何とかピンチ脱出。どうやら、ありすさんは人間世界では魔法力を激しく消費してしまうらしく、早々に撤退。でも、いんくさんに潰されていましたけど。

ありすさんは、まだ何かをたくらんでいるようで、いったい何が目的なのか。何だかちょっとシリアスな感じがするけど、案外その理由が間抜けなものだったりすると面白いと思います。


posted by 向日葵 at 02:03| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:もえたん/第4話 時の中のアイドル
Excerpt: 品質評価 25 / 萌え評価 65 / 燃え評価 16 / ギャグ評価 31 / シリアス評価 7 / お色気評価 45 / 総合評価 32<br>レビュー数 80 件 <br> <br> 大人気アイドル“白鳥ありす”がロケ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-08-10 16:34

もえたん 04話「時の中のアイドル」の感想。
Excerpt: もえたん 04話 「時の中のアイドル」 評価: ──もえたんの総集編はやらないの? 脚本 長谷見沙貴 ..
Weblog: いーじすの前途洋洋。
Tracked: 2007-08-13 08:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。