2007年08月10日

ゲキレンジャー 修行その23

今回のお話は、ランさんが不良になって大暴走するというお話でした。

何らや、ゲキレンジャーに新しいメンバーが加わるらしい。その際、リーダーが必要だということで、それに選ばれたのがランさん。でも、気合はいりまくりのランさんとは違い、ジャンさんとレツさんはかなり嫌がっている様子。ゲキレンジャーって意外と、自分勝手なところがあるみたい。

そんなところに、マーラシアという敵が出現。早速、リーダーとしての仕切ろうとするランさんでしたが、みんなのチームワークはめちゃくちゃ。そんなことをしていたら、ランさんが敵の連続攻撃を受けてしまいます。

そして、目が覚めたランさんは何とスケ番姿になり大暴れをはじめてしまったのです。原因は、先ほど攻撃を受けた時に、全身のさまざまなツボを刺激されたことで、シャーフー曰く、もう元に戻らない可能性もあるらしい。暴走しているランさんに説教をするジャンさんの姿が、いつもとはかなりアンバランスな感じがして面白かったです。そりゃ、いくら口うるさくても、いつものランさんのほうがましに決まっています。

暴走するランさんでしたが、元関東スケ番連合初代総長であった美希さんにとっ捕まえられてしまいます。そして、彼女に心という字を書き続けた彼女は、元に戻らないまでも戦っているジャンさんとレツさんのもとへ直行。

ジャンさんとレツさんはというとちょっと苦戦中。そこに現れたランさんは、完全に元に戻り、3人ともスーパーモードに変身して、一気に敵を撃破。いつものランさんに戻ったのが相当にうれしかったのか、子供みたいに手を挙げてランさんの言うことを聞いていたジャンさんとレツさんがなかなか面白い。

そんなことをしているときに、臨獣殿では最後の拳魔・マクが頭首につくと言い出していました。こいつは、噂通りかなり凶暴なやつみたいで、カタやラゲクは完全に立場なし。理央さんも、マクが使う“怒臨気”の前に、あっさりと敗北。しかし、この“怒臨気”を会得したいと考えた理央さんは、彼のしもべとなるのでした。過激気を取得したゲキレンジャーにどのように対抗するのかと思っていましたが、ちゃんと良く似たものがあるところがいいです。

最後には、臨獣殿にはロンとかいうあやしいやつが登場。そして、ゲキレンジャーのほうにも、死んだはずのレツさんの兄・ゴウの姿が。この2人が、これからのキーパーソンになってくるのでしょう。


posted by 向日葵 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。