2007年08月13日

OverDrive 第19話

今回のお話は、ミコトさんが山岳賞を獲得し、レースのその後を描くというか、ちょっと中休みようなお話でした。

レースのスポンサーになっている会社の娘である朝日嘉穂さん。彼女は、スポンサーになっているということで、レースに顔を出しに来たみたい。すると、レースを実況するラジオから、何やら聞いたことのある名前が。それが、ミコトさん。

嘉穂さんは、会社の令嬢ということで、昔からかなり過保護に育てられたらしく、友達とかもあまりいないみたい。そんな彼女は、ミコトさんのことを自分と同類の人間だとおもっていたみたいで、そんなミコトさんが活躍している姿を見てかなりびっくりしていたみたいでした。それにしても、嘉穂さんのミコトさんへの言いっぷりはかなりひどい。自分と同類だと思っているということは、自分対しても同じように考えているんだろうけど、あれは、いくらなんでもミコトさんに失礼でしょ。

そして、後半パートではレースのその後の展開です。山岳賞を逃した兵頭さんは、かなり頭にきたみたいで、いきなりのペースアップ。もちろん、トップグループは彼についていこうとするわけですが、ここで遥輔さんと寺尾さんが言い争いを開始。

寺尾さんは、遥輔さんが初レースのミコトさんのことを考えないでレースを展開しているのがかなり不満らしく、遥輔さんに「チームを考えたレースをしろ」と怒鳴りつけます。しかし、遥輔さんは「俺についてくればいい」と寺尾さんの忠告を完全に無視して、レースを続行。

寺尾さんは、本当にいろいろと苦労してきたみたいです。少しだけ、回想シーンが描かれていましたが、遥輔さんの自分勝手な行動のおかげで部員は辞めていくし、レースでは結果が出せないしで、本当に彼のこれまでのことを考えると頭が下がります。それだけされても、遥輔さんのためにと努力している姿には本当に感銘を受けます。でも、肝心のレースは止まりっぱなしで大丈夫なのでしょうか。

遥輔さんは、全力でトップの兵頭さんを猛追。しかし、頭に血が上っていたのか、集中ができないみたいで、得意の下りにもかかわらず、まさかの転倒。何だか、頭から血が出ていたようですが、いったいレースの方はどうなるのでしょうか。また、再び走り出したミコトさんの方もかなり気になります。
posted by 向日葵 at 03:09| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

OverDrive 第19話 Men are blind in their own cause.
Excerpt: 今回のストーリーの前半はレースのスポンサーの娘の嘉穂の心の動きを描いていた。 嘉穂はミコトと同じクラスで、幼い頃から体が弱かった為に両親からきつい事や危ない事はさせないように育てられ、まあ箱入り娘だ..
Weblog: White wing
Tracked: 2007-08-13 19:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。