2007年08月17日

ゲキレンジャー 修行その24

今回のお話は、レツさんのお兄さんであるコウさんが登場するというお話でした。

前回のお話の最後に登場した狼男。なんとそいつの正体は、死んだと思われていたレツさんのお兄さんのゴウさんでした。そんな姿になったのは、昔、激獣拳を裏切ろうとした理央さんを止めるため、獣獣全身変という技を使ったから。どうやら、ゴウさんはレツさんとは違って、けっこう大胆な行動をするタイプの人のようです。兄弟でも、かなり性格は違うみたい。

ところが、再開を喜んだのも束の間、レツさんが激獣拳を学んでいると知ったゴウさんは大激怒。昔は、大の弱虫たったレツさん。そんな昔のイメージが強いゴウさんは、危険の伴う激獣拳などを習わせたくないのだと。まぁ、お兄さんといっても、レツさんにとっては親みたいなものだったみたいだから、子供を危険な目に合わせたくないというのは、親心としては当然かもしれません。

そんなことをしていると、大地の拳魔の親衛隊・臨獣バブーン拳使いのヒヒが現れます。ゲキレンジャーは、そいつのところへ急行。しかし、先に敵に遭遇していたゴウさんが、オリジナルの技「紫激気」という技で、ヒヒを圧倒。ところが、突然また狼男の姿になってしまします。レツさんの呼びかけで、すぐに元の姿に戻りましたが、まだ完全に人間の姿に戻ったわけではなさそう。

そんな2人は、昔いっしょに住んでいた教会へ。そこで、レツさんは画家になると約束した迫るゴウさん。心優しいレツさんには危険が伴う激獣拳は無理だと。無理やり引きとめようとするゴウさんの拳を受け止めるレツさん。これには、ゴウさんもかなりびっくりしていたみたい。それにしても、いきなり殴りかかるとは本当に血の気の多いお兄さんです。でも、レツさんのことを本当に良く考えてくれていて根はいい人であることは間違いないです。

苦戦しているジャンさんとランさんのところへ駆けつけるレツさん。そして、見事な戦いぶりで、ヒヒを撃破します。いつものように巨大化して、ヒヒのすばやい動きに少し手こずりましたが、ゲキバットファイヤーに変身してなんとか勝利。そんなレツさんの姿を見たゴウさんも彼のことをようやく一人前の戦士として認めてくれたみたいです。あれだけ立派に戦う姿を見せつけられたら、いくらなんでも認めざるを得ないでしょう。

ところが、倒したと思っていたヒヒがなぜか復活して、ゲキレンジャーはやつの攻撃をまともにくらってしまいました。ゲキレンジャーは大丈夫なのでしょうか。

でも、ヒヒはなぜ復活したのでしょう。ヒヒの周りから、怒臨気みたいのがでていたけど、やつも怒臨気を使えるのでしょうか。それと、前回ちょっとだけ登場していたロンとかいう男のことも気になります。いったいやつは何者なのでしょう。なんだが、ちょっと謎な部分が多くなってきました。これからの展開が楽しみです。

posted by 向日葵 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。