2007年08月28日

OverDrive 第21話

今回のお話は、寺尾さんのアシストのおかげで遥輔さんがトップに追いつくというお話でした。

転倒していた遥輔さんを起こして、レースへ復帰する2人。でも、トップとの差は約4分近くだと予想される。この差では、トップに追いつくのはかなり難しいという。でも、寺尾さんはまったくあきらめてはいない様子です。

遥輔さんのほうはというと、かなりあきらめモードでした。でも、そんな自分のためにいつもがんばってくれる寺尾さんの背中を眺めながら、ちょっとやけくそ気味になりながらも、どんどんトップとの差をつめていきます。

そんなレースの途中で、遥輔さんの頭の中にはこれまでの寺尾さんが自分のためにしてくれたことが頭の中をよぎっていました。どうやら、寺尾さんと遥輔さんはかなり小さい頃から、友達というか知り合いだったみたいです。昔から、才能溢れる遥輔さんはクラブの仲間たちとのトラブルなどが耐えなかったようで、そのたびに手を貸してくれたのが寺尾さんでした。彼は、本当に苦労人です。

そんな中でも、遥輔さんの寺尾さんが自転車部を作ってくれた時、実はかなりうれしかったという言葉は本当に印象的でした。普段は、あんな態度をとっていても、本当に寺尾さんのことを信頼している気持ちに偽りはないみたいです。

一方の寺尾さんはというと、遥輔さんに才能では絶対にかなわない自分が少しでも彼の才能を生かすことを考えていたみたいです。それにしても、あそこまで遥輔さんのためにできるとは本当にすごいと思う。彼をあそこまでさせる突き動かすものとはいったい何なのでしょう。きっとそれは、一番付き合いの長い寺尾さんにしかわからないに違いありません。

レースの方は、トップを独走していた兵頭さんに大和さんが得意の登りで追いつきました。遥輔さんが転倒したということは、兵頭さんの耳にも入っていたようですが、その遥輔さんも寺尾さんのリードのおかげで、ついにトップに追いつきました。寺尾さん本当にすごいです。

しかし、ハイペースで遥輔さんをリードしてきたため、寺尾さんはここでトップ集団から脱落です。でも、遥輔さんは優勝することを彼に約束してくれました。寺尾さんには、ご苦労様と言ってあげたいです。

レースの結果は、完全にこの3人に絞られた感じです。山岳賞を取ったミコトさんはというと、かなり後ろの方でゆっくりと進んでいました。まぁ、彼の優勝はもう絶望的だと思いますが、これから彼はどうなるのでしょう。その辺りも注目して、今後の展開を見守りたいです。


posted by 向日葵 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

OverDrive 第21話 Vision without action is a daydream
Excerpt: トップとの差は絶望的だったが寺尾は勝つ気でいたね。転倒した遥輔は寺尾に急かされた格好でまた走り出した。転倒で痛みを抱える遥輔は、今から走ったってどうにもならねえよという気持ちで走っていたが、何時もの精..
Weblog: White wing
Tracked: 2007-08-28 20:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。