2007年04月05日

仮面ライダー電王 第10話

今回のお話は本当にいいお話でした。
最後にはキンタロスとかいう名前をつけられていましたが、あの熊のイマジンは本当にいいやつだと思います。
病気で倒れた本条さんにもう一度空手をやらせたいという思いで契約したいい、ハナさんはそれを疑っていたようですが、本当に純粋にそう考えていただけのようです。
本条さんのライバルの菊池さんが契約していたライノイマジンが、契約完了として過去に飛んでいった時に彼ら2人を守ったキンタロスの姿は本当にかっこよかったと思います。
その時のダメージで消滅しそうになりましたが、良太郎さんと契約することで消滅しないですみました。本当によかったです。
それと今回の話の中で、ハナさんがイマジンを嫌うのは、自分がいた未来がイマジンによって過去を変えられてしまったために消滅してしまったことが原因だということが明らかになりました。だから、自分の本当の時間を消してしまったイマジンを恨んでいたのです。そんな彼女のこれからの行動は気になるところだと思います。
それにしても、彼女の腕っぷしの強さには驚きました。キンタロスが一発で伸びるなんて、すごすぎです。
それと、キンタロスが良太郎さんに乗り移ったときの人間の格好は笑えました。あれは、ちょっとまずいのではないでしょうか。


posted by 向日葵 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

仮面ライダー電王 第9話

今回の話では、はじめてモモタロスさんがやられてしまいました。あの空手家に付いているイマジン強すぎで、モモタロスさんはぜんぜん歯が立ちませんでした。でも、あのイマジンはなぜ取り付いた人間を大切に守っていたのでしょうか。イマジンは、願いを叶える代償として、その人の未来を変えようとする悪いやつのはずです。いったい、どういうことなのでしょうか?
また、今回の話ではいくつか分からないことがありました。1つは、空手家に追いかけられいる良太郎さんが空手家を吹っ飛ばしていました。あれは、なぜなのでしょうか?
また、もう1つは、ハナさんの過去というのも気になります。彼女は、どうしてイマジンと戦っているのでしょうか?この辺りは、きっとこれからの話の中心になっていくに違いありません。
最後は、良太郎さんのお姉さんについてです。途中、望遠鏡の話が出てきていましたが、彼女の過去も気になるところです。きっと何かがあるに違いないと思います。
もう9話まで話が進んでいますが、私はどうしても今回の主人公にはなじめません。それに、前も書いたと思うけど、彼自身が敵と戦っていないというのもやはり気に入りません。はやく、良太郎さんには一人前のライダーになってほしいと思います。
posted by 向日葵 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ゲキレンジャー 修行その6

今回の話はゲキブルーが中心のお話でした。
というか、びっくりしたのですがレツさんは画家なんていう仕事をやっていたようです。それが、彼が言う感動を与えることができる戦いという考えを持っている一番の理由なのかもしれません。
個人的には、見た目にこだわる考えあまり好きではありません。どんなにかっこ悪くても、たとえ笑われてもとにかく結果を出すことのほうが大切なのではないかと思います。でも、あることに本当に一生懸命な人の姿は本当にかっこいいし、きれいなものです。彼が、目指している姿は、彼自身はあまり意識していなくても達成できるのではないでしょうか?
今回出てきた、アクガタのモリヤとかいうやつは自分の世界と言って、壁にくっついたままで、しかも彼に有利な条件で戦ってもらったのに、あっさりとやられてしまいました。モリヤはちょっと弱すぎです。前回のカデムのほうがぜんぜん強そうでした。
どうでもいいことかもしれませんが、あの技では自分がやられることはないかもしれませんが、逆に相手に攻撃することも難しいような気がします。レツみたいのが相手でないと、すごくつまらないお話になっていたと思います。
五毒拳も2人がやられてしまいました。このペースだとあと3話しか持ちません。この先、いったいどのようなお話になっていくのでしょうか?
posted by 向日葵 at 20:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

ゲキレンジャー 修行その5

今回は、ゲキイエローが大活躍のお話でした。彼女は、すごい努力家だったのですね。
毎日の努力によってのおかげで、あそこまでの力とゆるぎなき自信を身につけることができたのです。
何かを得るためには努力する。個人的には、こんなこと当たり前だと思うのですが、そんなことが分からない子が最近多いです。結果に結びつくことは、非常に稀なことだと思うけど、結局努力しないと何も変わりません。そのようなことを伝えたかったのではないかと思います。
話はストーリーのことに戻りますが、今回出てきたカデムという敵。なぜあのムカデの頭部を隠していたのでしょうか。あんなものかぶっていたら、逆に戦いにくいような気がするのですが・・・・。理由はよく分かりません。でも、カデムさんには悪いですが、あまり見てて気持ちのいいものではないので、やっぱり隠しておいてもらったほうがいいと思います。
どうでもいい話かも知れませんが、五毒拳は臨獣殿の中でも最強の戦士たちのはずです。その1人が、こんな第5話なんかであっさりと負けているようで、だいじょうぶなのでしょうか。このままでは、ストーリーが続きません。ひょっとすると他にも、敵がやっぱり出てきたりするのでしょうか。
posted by 向日葵 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

スーパー戦隊 新シリーズは「獣拳戦隊ゲキレンジャー」です。

スーパー戦隊の新シリーズは、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」です。
どうやら中国拳法を使う戦士らしく、正義の流派と悪の流派「臨獣殿(りんじゅうでん)」がそれぞれ存在していて、みんなの平和を守るために両者が戦いを繰り広げるというストーリです。
今回のシリーズはめずらしく3人の戦士でスタートです。最近では、ハリケンジャー以来だと思います。やっぱり、これから新しい仲間が加わって5人とかになるのでしょうか。でも、まだわかりません。
最近、仮面ライダーはやや難解なストーリとなっているので、こちらのスーパー戦隊シリーズにはストレートな分かりやすい話を期待したいと思います。
どうでもいい話ですが、ゲキレンジャーが必殺技を出す時、その戦士に宿る獣みたいなものが出てきます。彼らの師匠であるマスター・シャーフー。たぶん、何か理由があってあの格好だろうと思うけど、やっぱり今のシャーフーが必殺技を出すとネコが出てくるのでしょか。でも、ひょっとするとそういう技は使えないのかも・・・・。
もし、ネコが出てきたらかわいいと思います。話としては面白いかもしれませんが、ちょっと威厳がないからやっぱりやめたほうかいいかもしれません。でも、主人公の漢堂ジャンはきっと大喜びするでしょう。
posted by 向日葵 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

仮面ライダー 第4話

今回の話は、モモタロスが良太郎君の体を乗っ取って、彼の意識がない間にいろいろと悪いことを行っていることが判明。それで良太郎君は、そんなモモタロスと喧嘩をしてしまい、一人で敵のイマジンに向かっていこうとする。もちろん、良太郎君一人では勝てるはずもなく、ぎりぎりのところで2人が和解し、なんとか敵のイマジンを倒すことに成功するという話だった。
今回は、良太郎はすごくがんばったと思うけど、やっぱり最後はモモタロス頼みだったけど、今までの話からすると、主人公の成長が感じられてよかった。今の状態を考えると、一人でイマジンを倒せるようになるまでの道のりはすごく長い道のりだろうなと思います。
でも、どうしても疑問に思うのは、山越君という人物の過去を変えてしまったという行為だ。あんな風に、本人の望むように過去を変えていたのでは、時を守っているとは言いがたいと思います。未来を操作しているという点においては、敵のイマジンとやっていることは変わらない。いくら自身が良かれと思ってやっていたとしても、人生はやり直しが聞かない、過去は決して変えられないという大前提をゆがめてはいけないのではないでしょうか?
posted by 向日葵 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

仮面ライダーの新シリーズ

ちょっとおそくなったけど、仮面ライダーの新シリーズについてです。
今回の仮面ライダーは、「仮面ライダー電王」という名前だ。時を守る仮面ライダーで、敵はイマジンという。イマジンは、未来人で人間と契約を交わすことで実体化することができる。彼らは、契約した人の望みを叶えることで、過去に飛ぶことができるようで、過去へ行って、未来を自分に都合のいいものに変えようとする。そこで、未来が変わらないように、仮面ライダーがデンライナーという電車型のタイムマシンで過去へ行って、未来を変えようとするイマジンを倒す。大まかに書くとこんなところだろうか。
史上最弱ライダーと主人公が自ら語っているように、本当に弱虫の男の子だ。これからこの主人公の成長過程をどのように描いていくのかに注目したいと思います。
でも、個人的にもっと強そうな人のほうがよかったような気がする。子供向けの作品であることを考えると、強くてかっこいい正義の味方である仮面ライダーに変身する人があんないじめっ子だと子供たちはどう思うのだろうか。やっぱり仮面ライダーは強いものなんだから、変身する人もそっちの傾向でいったほうが良かったのではないかなと思います。
しかも、現在のところ敵を倒しているのは、主人公自身ではなく、彼が契約したイマジンだ。戦闘の時、主人公は完全に体を奪われていて、あれでは結局無能な人物にしか見えない。主人公が戦っていないようなものだから、強いのは当然で、主人公のイメージはまったく変わらないのではないか。これから変わっていくと思うけど、はやく主人公自身が敵を倒すという形にしたほうがいいような気がする。
posted by 向日葵 at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

次は仮面ライダーカブトが最終回だ!

今日、ボウケンジャーと仮面ライダーカブトを見ました。(録画したやつだけど・・・)
次は、仮面ライダーカブトが最終回です。
ネイティブが人類をすべてワームに変えようとする計画がいったいどのように阻止されるのだろうか。でも、あと1話しかないのにどのようにまとめるのだろうか?ちょっと微妙な感じで終了してしまいそうな気がする。
今回の仮面ライダー全体についてだけど、ちょっと主人公のあの性格は個人的には気に入らない。やっぱり、もうちょっと熱血漢みたいなやつのほうがいい。加賀美が主人公のほうがマッチしているような・・・・。
次のライダーにまた期待。
posted by 向日葵 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。