2007年07月25日

OverDrive 第16話

今回のお話は、大和さんが山岳王の異名をもつ氷室カズシという選手と激しい争いをするというお話でした。

トップは、相変わらす兵頭選手。遥輔選手たちも、必死に追い上げてはいるみたいなのですが、その差は縮まるどころか広がっていく一方。これは、なかなかときびしい展開になってきました。果たして遥輔さんの逆転はあるのでしょうか。

そんな中、登りに入ってから猛烈な勢いで、トップとの差を縮めていく大和さん。そんな中、前回大会で山岳賞を取った氷室カズシという選手と出会います。彼は、「君は山を愛しているか?」とか、大和さんに問いかけながら、彼をしっかりとマーク。

そんな彼に心を乱されたのか、無理なペースで走り続けたため大和さんに少し焦りのような感じが。でも、あんなことされたらだれだって、嫌だと思うし、そりゃ調子を崩したりもするでしょう。

しかし、そんな彼の前に先を走っていたミコトさんの姿が。すでに、ヘロヘロ状態のミコトさんでしたが、大和さんの姿を見て、いつもの調子が戻ってきました。2人は、計画も何もなくだたがむしゃらいに坂を登っていきます。氷室さんはというと、彼はこのコースを知り尽くしているらしく、冷静にコースを見極めたレース運び。

ところが、がむしゃらな2人の姿を見て、昔の自分を思い出す氷室さん。その頃の気持ちを思い出した彼は、一気にペースアップ。2人とのデットヒートを演じます。頭で考えていることと体の動きが違う氷室さんの、走りは何だかとてもかっこよかったと思います。あんなパワフルなおじさんがいたら、すばらしい人でしょう。

最も厳しい坂の中腹あたりで、足が止まってしまった氷室さん。そんな彼を眺めつつも、前を向いて走り続けるミコトさんたちは、ついにトップ集団に追いついたのでした。

いったいあと何話、このエピソードに関する話があるのかわかりませんが、やっぱりこのまま兵頭さんの優勝なのでしょうか。遥輔さんたちには、彼に一泡吹かせてもらいたいところです。


posted by 向日葵 at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

瀬戸の花嫁 第15話

今回のお話は、委員長さんの眼鏡が壊れてため、目が見えない彼女が永澄さんとデートをしてしまうというお話でした。

これまで、あまり注目されることのなかった委員長さんですが、どうやら彼女ははっきりとした自覚はないようですが、永澄さんを意識しているみたい。彼女の夢の世界が何気に面白かったと思います。彼女のやっぱり女の子なだけはあります。

学校では、三河さんが燦さんに花束をプレゼント。その中には、超レアな映画の試写会のチケットが入っていました。燦さんと2人で行こうと誘う三河さんですが、そこはあっさりと拒否されてしまいます。

結局、サルさんの提案で巡さんを含めた4人でダブルデートということになります。しかし、当日になってみると、さらにサルさんと留奈さんを含めた6人で行くことに。やっぱり留奈さんも、その映画を見たかったということなのでしょうか。

くじでペアを決めると、なんと留奈さんはサルさんと同じペアに。これは、かなりかわいそうです。そんな彼女は、永澄さんにジュースを買いに行かせることで、何とかそれに対処しようとします。

急いで、ジュースを買いに行く永澄さんでしたが、そこで一人の女性とぶつかってしまうのです。そして、彼女の眼鏡を割ってしまうのですが、その相手というのがなんとあの委員長さん。

彼女は、かなり目が悪いらしく相手が永澄さんだということには気づきもしません。永澄さんの方も、いつもとはかなり違う容姿である彼女にまったく気づかない様子。かなりベタな展開であると思いますが、こういう王道っぽい出会いもいいと思います。

永澄さんは、眼鏡を弁償しようとするために、留奈さんにお金を借ります。留奈さんは、かなり厳しいようなこと言っていましたが、結局貸してくれるあたりはけっこう優しい。

それを使って眼鏡を買いに行ったわけですが、留奈さんが貸してくれたカードは何やらすごいものにみたいで、戦車も買えるような代物らしい。そのためか、眼鏡店の待遇もかなりオーバー。あんなどこにでもありそうな店なのに、帰りにはどっから持ってきたのか送迎用の車なんかも用意していた。やっぱり、お金持ちに出会うと、だれでもあんな感じになってしまうのでしょうか。

そして、車の中で直った眼鏡をかけてみた委員長さんは、目の前にいるのが永澄さんだったと気づいて大暴走。あの取り乱しようはなかなか笑えました。

翌日の学校ではいつもと何も変わらない日常が。委員長さんの恋の道のりはまだまだ先が長そうです。
posted by 向日葵 at 02:37| Comment(1) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

ハヤテのごとく 第16話

今回のお話は、ハヤテさんが野々原さんと対決するというお話でした。

ハヤテさんと戦わせるために執事の野々原さんを呼び出した東宮さん。しかし、そんな東宮さんは、根性を叩き直させるためとかいう野々原さんにボコボコに。いくらだらしがない主人だからと言ってもあれはかなり厳しいです。でも、主人のことを思ってのことだから仕方がないのかも。

そんな東宮さんを見ていられなかったのか、最後はヒナギクさんが彼を助けてあげました。さすが、剣道部の部長をいうところですが、それにしても東宮さんが情けない。

そんな東宮さんはハヤテさんにはかなわないと思ったからだろうけど、主人対主人、執事対執事で試合をしようと言い出します。また、野々原さんに怒られるかと思いましたが、これには彼も賛成してくれました。でも、何だかちょっと腑に落ちないところはあるような・・・・。

何とか助かったと思った東宮さんでしたが、練習していないナギさんに代わって、ヒナギクさんが相手をすることに。彼女曰く、ナギさんが練習をしていないからというよりも、東宮さんが下手で竹刀を振り回すと危ないからとのこと。これ何気に、かなり痛いところをついていています。そして、試合の方は案の定ヒナギクさんの圧勝でした。

次にいよいよ注目の執事戦。ところが、ハヤテさんは野々原さんに大苦戦。というか、かなり押されぎみな感じ。野々原さんは、超必殺技とか言って、火を噴くような技を使っているし、これはとても人間技とは思えない実力。

でも、それでもあきらめないハヤテさんは、冴木さんの出してくれたヒントを元に傍に転がっていた東宮さんを盾にすることで、からくも勝利をおさめることができました。でも、野々原さんはまだ本気ではなかったようで、一流への道はまだまだ遠いということでしょうか。

最後には、ヒナギクさんに剣道部に入るように誘われていましたが、彼はその誘いを断っていました。それにしても、初登校にしてこの騒ぎとはこれからの学校生活はどうなるのでしょう。

とここで話は終わったのですが、ちょっと早いなぁと思ったら、何やら短編の短い物語が。まぁ、こういうのもたまには面白いかもしれません。
posted by 向日葵 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yes!プリキュア5 第23話

今回のお話は、5人のプリキュアメンバーが喧嘩をしてしまうというお話でした。

ビーズを使ってお店を飾り付けするのぞみさんたち。そんな中、イタズラをしたミルクさんを追いかけていたために、その飾りが台無しになってしまいます。それを見て、いつものように怒るりんさん。しかし、そこにうららさんが割って入ってきたため、何だかかなりあやしい雰囲気に。そして、りんさんと同様にのぞみさんを非難するかれんさんをなだめようとしたこまちさん。しかし、この2人も何だか嫌な感じになってしまうのです。

結局、5人の気持ちがばらばらになってしまったわけですが、のぞみさんのことでここまでの事態になるとは少し驚きです。だって、のぞみさんがミスをするなんていうのはいつものこと。それにりんさんやかれんさんが怒るのも同様です。ちょっと唐突な感じはしますがなってしまったものは仕方がないです。

そんなかなり嫌な雰囲気の中、かれんさんとこまちさんのもとへギリンマが登場。でも、今回はさすがに本気のようで、黒い仮面をつけて巨大化したギリンマの前に2人ともやられてしまいます。そして、2人はナイトメアの大幹部であるカワリーノによって、黒い球体に閉じ込められ、悪夢の世界に送られてしまったのです。

そして、次に襲われたのがりんさんとうららさん。学校への帰り道で、やはり昨日のことが納得いっていないりんさんはうららさんにきつく当たってしまいます。それにしても、「他に友達がいないのか!」というりんさんの言葉はかなりひどいような気がします。うららさんにだって、たくさんの友達がいるに決まっています。

そんな2人は、ピンキーらしきものを見つけて、そのあとを追いかけます。今度はそんな2人の前に現れたギリンマ。変身して戦う2人でしたが、りんさんがあっさりと敗北。ねばるうららさんも結局はやられてしまい、2人も悪夢の精神世界へ。

これは、カワリーノの5人をばらばらにしようという作戦だったようですが、さすがに大幹部だけあって、うまい作戦を考えるものです。でも、あまりにもあっさりとやられすぎのような気がしないでもないですが。

最後に残ったのは、のぞみさん。ナッツハウスに現れたカワリーノは、4人と引き換えにドリームコレットを渡せといってきます。しかし、のぞみさんは逆に4人を傷つけたらコレットを壊すと応戦。なんだかすごくかっこいいです。のぞみさん、1人なのにがんばっていると思います。

仕方なく、のぞみさんをナイトメアの本部へ連れて行くカワリーノ。そして、のぞみさんの前には、デスパライアが。仮面をつけられた4人もいます。ここで、今週は終了。かなりやばい展開になってきましたが、5人がいったいどうなるのか次の話が楽しみになってきました。
posted by 向日葵 at 03:12| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダー電王 第24話

今回のお話は、ジークさんが消えてしまうというお話でした

前回の最後に誘拐犯と間違えられて逮捕されてしまった良太郎さん。どうやら、鷹山グループというのはかなり大きなグループみたいで、よりによってそんなところの誘拐犯と間違えられるなんて本当に運が悪い人です。

そんな良太郎さんでしたが、3人のイマジンが次々を憑依して、取調べをしている人も混乱しているみたい。でも、やっぱりこういう話をうまくまとめるのは、ウラタロスが一番うまいです。

そんな中、スコーピオンイマジンと契約したのは、赤ん坊を誘拐した増田という男であることが分かります。デンライナーの中で、いろいろと対策を考える侑斗さんとハナさん。ハナさんは、ジークと誘拐犯を探しに行こうと言いますが、ジークのほうはまったく聞く耳持たずといった感じ。そんな彼に、ついにハナさんの一撃が・・・・。相当に効いたはずですが、今度はハナさんを姫だとか何とか言って、もう完全にどうかしているといった感じ。本当に面白いやつです。

そして、反省したのかジークが赤ちゃんを通して、栞さんに良太郎さんが犯人でないことを伝えます。でも、赤ちゃんがあんなにはっきりとしゃべると何か少し変な感じもします。でも、このおかげで良太郎さんは無事に解放されました。

でも、契約者が幼すぎたため、記憶がなくなり消えてしまうことが明らかになったジーク。契約者の記憶からなくなるということは、契約者が死んだのと同じことになるらしい。赤ちゃんに憑依してしまったのが悪かったのでしょうが、ちょっとかわいそうな気がします。

栞さんを連れ去ろうとするスコーピオンイマジンの前に立ちはだかる良太郎さんとジーク。そして、ウイングフォームに変身。しかし、ジークはすでに力が衰えていたため、すぐに変身が解除されてしまいます。栞さんを救ってほしいというジークのために、過去へ飛んだ良太郎さんたちは、スコーピオンイマジンを撃破。

ついに、消えそうになるジーク。しかし、そこへジークのカードを持った良太郎さんが帰還。実は、ジークは栞さんに憑依した時に、すでに契約していたみたい。契約が完了していたわけで、過去へ飛べば契約者との関係もなくなるので、消えなくてもすむらしい。

そして、過去へ飛ぶとそこでは栞さんの結婚式が行われていました。ジークさんは、ハナさんの一撃を受けながら、光の球体へ。ブーケの旋回しながら、彼は消えていきました。みんなお別れを言っていました。それにしても、たった2話の登場でしたが、本当に印象に残るキャラクターでした。もう登場することはないのでしょうか。ちょっと惜しいような気がしてなりません。
posted by 向日葵 at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

ゲキレンジャー 修行その20

今回のお話は、3人が協力して過激気を取得するための修行を行うというお話でした。

先週の最後に少しだけ登場していた3人もの拳聖が登場。それにしても、ここで3人が同時に出てくるとは思いませんでした。でも、これですべての拳聖が登場したわけで、これは一気にゲキレンジャーが強くなりそうな感じ。

そんな中、3人の拳聖の1人であるゴリーは、ジャンさんだけに過激気によって使うことができるというスーパーゲキクローを渡します。もちろん、ジャンさんはそれを使いこなすことなどできません。そりゃそうでしょう。いきなり、使いこなせたら話が面白くないです。

早く修行を始めたいと言う3人ですが、過激気は修行をしても身につくものではないらしい。そして、結局は拳聖と「三山戦」というもので戦うことに。

そして、ジャンさんがゴリーとランさんがミシェルとレツさんがピョウとそれぞれ戦い、結果は1勝1敗1分けで引き分けということになりした。負けたのはジャンさんだけ。でも、コインの積み上げとは明らかにジャンさんには向かないものだから仕方がないのかも。あとの2人はまぁ善戦したというところでしょう。

ところが、この結果を得ることでようやく過激気を得る資格を得たということらしい。しかし、過激気を取得できなかった理央さんは、ここまでならパーフェクトの成績だったとのこと。でも、これくらいで最大の奥義が身につけられるわけがありません。まだ、道のりは長そうな感じです。

しかし、そんな修行中に理央さんの気配が。3人は、彼のもとへ向かうのですが、過激気はまだ習得していません。だから今、彼と戦ってもまたこの前と同じ結果になるに決まっています。いったい、どうするつもりなのでしょう。
posted by 向日葵 at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もえたん 第1話

今期に始まった作品の1つです。ストーリーとしては、まだうまく説明できないところがありますが、おそらくは主人公の虹原いんくさんが思いを寄せている手塚ナオさんと英語を通して築かれていく関係みたいなものが主になってくるのではないかと思う。

それにしても、第一話を見ただけだけど、相当に萌え要素が満点の作品になっている。いんくさんのあの小学生のような容姿もそうだけど、特に彼女が変身するところなんか本当にすごかった。私としては、あれはちょっとやりすぎのような気がしました。

でも、出演されている声優さんとかけっこういいし、それなりに楽しめそうな感じがするので、一応これからも視聴は続けるつもり。

そして、今回の話は、いんくさんが魔法少女みたいのに変身して、ナオさんに勉強を教えてあげようとするお話でした。

それにしても、いんくさんの容姿はとても高校生とは思えないものです。「泣かないもん!」とか言っているだけでも、すでに精神年齢がかなり低そうな気がするのですが。しかも、朝から先に行ってしまったナオさんを追いかけて、いきなり転んでいるし、もう少ししっかりしないと。

よくわかりませんが、そんな彼女に手を差しのべた変な男がいましたが、彼かなり怪しいです。ていうか、警察の人にも小学生扱いされているし、ちょっとかわいそうな気もします。

学校はというと、英語の成績はかなりいいみたい。体育とかはどうなのでしょうか。あのボールのよけ方は、すごかったと思います。

そんな中、彼女が思いを寄せるナオさんが、大学の進学があぶないという話を盗み聞きしてしまいます。

ナオさんの将来が心配になったいんくさんは、神社へお参りに行きます。そこで、天から降ってきたのが、試練を与えられたアークスさん。自分がアヒルの姿になったにも関わらず、気付かないで、鏡で自分のことを見て驚いているところがちょっと面白かったです。

そして、彼女はナオさんに勉強を教えるために、魔法少女へと変身。この変身場面、ちょっと力を入れすぎなのでは・・・・。

そして、さっそくナオさんの家に向かういんくさん。最初は驚いて追い出されてしまいますが、英語を教えるということで、家の中に入れてもらえます。しかし、あーくんが彼の部屋を引っ掻き回したために、結局は再び追い出されてしまいました。

いったいこれから、どんな風に話が展開していくのか楽しみです。
posted by 向日葵 at 03:17| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

ななついろ★ドロップス 第2話

今回は、魔法のしずく集めをしているということを撫子さんに見つかってしまうというお話でした。

前回のお話のあと、そのまますももさんの家に泊まったみたいな正晴さん。ところが、朝起きてみると、もとの姿に戻ったみたい。一緒にベットでいたので、すぐとなりにはすももさんが。びっくりした衝撃ですももさんが目を覚ましてしまいましたが、寝ぼけていたおかげで、夢だと勘違いしてくれたみたい。まぁ、何事もなくてよかったと思います。びっくりして、叫ばれたりしたら大事になっていたところです。

正晴さんですがもとの姿に戻ったのかと思っていたら、日が沈んだらまたぬいぐるみの姿に。如月先生による聞いてみると、昼は人間に夜はぬいぐるみになるらしい。しかも、月の満ち欠けも関係していて、新月は変身しないが、満月ではその逆になるみたい。これは、かなり厄介なしくみになっているものです。

ぬいぐるみ姿の正晴さんは、再びすももさんの家へ。そこでは、すももさんが母親から送られてきた手作りの服を試着していました。かなりいい出来だとは思うのですが、いつ着るものなのでしょう。ちょっとあれを着て、町を歩くのははずかしいでは。

その影響からか、ユキさんにも服を着せるすももさん。ぬいぐるみだから、何もできないし、本当に大変です。

そうこうしていると、指輪が反応し、魔法のしずくを探しに出かける2人。雨の降っていて大変そうでしたが、ちょうどそこを撫子さんに見られてしまったのです。にもかかわらず、何も気にすることなく傘を差し出す彼女。何で、こんな無反応なの。ある意味ではすごいのと思うけど、もう少し何か反応があってもいいような・・・・・。

撫子さんの家によって、お風呂につかるすももさん。そうしている間に、いじられたユキさんがしゃべったり、動いたりすることもばれてしまいます。そして、またまた無反応。やっぱり、ただものではありません。

しかし、魔法を使っているところを見られてしまった場合は、そのことに関する記憶は消さないといけないとのこと。でも、すももさんは親友の記憶を消すことができないと主張。すももさん、優しい子だと思います。

しかし、翌日の部活中は何だか嫌な雰囲気が。すももさんとしては、彼女に嘘をついているということに、後ろめたさを感じているみたい。

元気のない彼女を見た撫子さんは、用事があると言って、正晴さんに一緒に帰ってもらうように言ってきます。でも、ぬいぐるみ姿でない彼には何もできません。そんな中、「嘘にもいろいろある。」という彼の言葉が何気に心に残っています。相手のことを本当に考えた上でのものなら仕方ないかもしれません。

そんな中、夕暮れがせまっているのですももさんと別れます。ところが、その日は新月だたみたいで、ぬいぐるみの姿にはなりません。そして、何とか解決策を見つけるために如月先生のところへ行くのですが、先生は不在。しかし、かばんの中の本が光だしたかと思うと、そこには解決法が。

それは、本当に信じあえる人なら1人だけ秘密を知ることを許されるというもの。これで、今回は何とか問題解決です。これからは、もっと用心して魔法を使うようにしないといけません。
posted by 向日葵 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイガールズ 第2話

今回のお話は、音羽さんと可憐さんの軍での生活がスタートするというお話でした。

一足先に、訓練を開始しているような瑛花さん。これまた、相当にプライドの高そうな顔をしています。そんな彼女は、2人のパイロット候補生が民間からやって来ると聞かされてちょっと困惑気味。でも、ソニックダイバーという新型機は、何の経験もない人がいきなり操縦できるのもなのでしょうか。ちょっと彼女が困惑する気持ちもわかるような気がします。

そして、音羽さんと可憐さんは電車で横須賀基地に向かっていました。音羽さんは、電車に乗るのが初めてだったみたいで、なんか子供みたいにはしゃぎよう。可憐さんはというと、座るところがなくて、偶然席が空いていた音羽さんの前の席に座ります。これらから、いっしょに訓練を受ける仲間なんて、もちろん知らないわけですが、何だか運命みたいなものを感じます。

そんな2人は同じ駅で降りると、そこに偶然にもにげてきたひったく犯が。ちょどそこにいた2人は協力して、その犯人の撃退に成功。音羽さんはともかく、可憐さんのかばんを投げるという大胆行動にはびっくりしました。それにしても、すぐにナイフなんか取り出したりして、けっこう大人気ないような気が・・・。

そして、2人は冬后さんの運転する車で、基地に到着。車を運転してきてくれた人が彼女たちの担当する上官である冬后さんや瑛花さんと顔を合わせてから、そのまま自分たちの部屋へ。ところが、そこには着替え中の瑛花さんが。すぐに着替えるように言われ、「私の足を引っ張るようなことはしないで!」という厳しい一言。これは、またかなり息苦しそうな生活を送ることになりそうな予感がします。

そして、いよいよソニックダイバーと対面。何やら、この機体のパイロットはDNAレベルの相性が非常に重要らしい。機械が人を選ぶというのは、最近の流行なのでしょうか。

続いて、3人は機械の調整のか何かを行うtめに、専用のパイロットスーツに着替えます。このスーツが、これまたびっくりな代物なのです。何だか露出が多く、猫耳にしっぽまでついているとはちょっとどうなのでしょう。軽くて動きやすそうには見えますが、こんなところで萌え要素を出さなくてもいいような。

そして、その後の3人の調整はすぐに終了。何やらすごい技術が使われているみたい。そして、音羽さんが見た夢みたいなものの内容や、そのテスト結果を見ていた人たちの会話にも気になることがいくつかありました。まぁ、これから1つ1つ解明されていくことでしょう。
posted by 向日葵 at 03:02| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

School Days 第2話

今回のお話は、誠さんが言葉さんと初デートをするというお話でした。

初めてのデートをすることになった誠さんでしたが、彼の頭の中は言葉さんとキスをするようなことしか考えていないみたい。あれでは、ただの変態だとしか思えません。そして、そんな彼が主導するデートなんか彼女のことを考えているとはとても思えないもので、かなり暴走ぎみ。何だか見ているこちらのほうが不快になってくような感じでした。

次の日に世界さんにデートのことを話すと、彼女に怒鳴りつけられてしまいます。あんなことをやれば、当然だといわざるを得ません。明らかに誠さんのやり方は間違っているからです。

しかし、世界さんはそんな彼に映画のチケットを2枚渡します。それを使って、名誉挽回をしろというのです。でも、世界さんは本当はそのチケットで誠さんと映画に行くつもりだったみたい。

そして、2人は映画へ。ところが彼は、映画を見ながら妄想が激しくなり、またまた暴走。無理やり迫ってくることに耐えかねたのか、ついに言葉さんが彼に一撃を加えてしまいます。まぁ、当然でしょう。そんなことばかり、考えていないでもう少し彼女のことをちゃんと見てあげないと、言葉さんがかわいそうです。

そんなこんなで、かなり気まずい雰囲気になってしまった2人。そんな中で、言葉さんに反省の言葉を述べ、駅で待っているという誠さん。

公園で、話をする世界さんと言葉さん。言葉さんの話を聞いていると、誠さんを少し避けてしまうのは、昔、体のことで嫌な思いをしたことが原因らしい。そんな彼女に、「誠は、ばかだから。」と優しくアドバイスする世界さん。それしても、なぜ2人にそんなによくしてくれるのでしょうか。少し首を傾げたくなります。

最後には、言葉さんが駅に来てくれて、一安心。それどころか、言葉さんのほうから・・・・。誠さんが誠さんなら、言葉さんの考えていることも理解に苦しみます。あんな変態なんかなんで、すぐに別れようとしないのでしょうか。でも、彼女がそれでいいとは思うのですが。

私としては、やはりこの作品は好みではないのかもしれません。いったい、何を考えているのかまったくわからないストーリー。ただ、暴走した男の欲情というかそんなもの見せられても、私にとっては不快以外のなにものでもないのです。いったい何がおもしろいのかまったく理解できない。

他の人のブログを見ていると、そんなに批判するようなことは書いてないけど、私はあまりおもしろいとは思えないです。来週からは、感想が短くなるか書くのをやめるかもしれません。
posted by 向日葵 at 02:32| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。